Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

今考えるDCD響鬼編というお約束論

とりとめもなく考えていたですが、
ある程度の答えが見えてきたので文章に纏めてみます。

考え出したきっかけは、
ディケイドの2つの映画と最終回。
前評判、前宣伝以下だと思った夏の映画。
対して前評判、前宣伝が少ない冬の映画。
しかも、最後は映画で、と落ちを映画に投げた最終回を引き継いでの冬の映画だったので、
余程の出来でないと評価は悪いだろうと個人的には感じていたのです。
個人的な感想は、W編がなかったとしてもディケイドは冬の映画が面白かった。
落ちを映画に投げたとしても、TVの最終回は面白かった。
そう思ったのです。

何故?

これが、きっかけ。

放送終了後、手放しで喜んだDCD響鬼編ですが…
今考えると、
 ・互いに対立する威吹鬼、斬鬼一派
 ・なよなよした威吹鬼さん、斬鬼さん
 ・あきらに惚れる轟鬼君
 ・細川茂樹さんではない響鬼さん
…と、割と納得いかーんー、と叫びたくなるようなことが揃っています。
が、
何故、放映終了後、青鬼さんありがとうとまでコメントするほど、喜んでいたのか?
答えは自分で書いていました。

当時、見たかったもの、見れなかったものを見せてくれたから、と。
 ・響鬼さんの弟子となり、響鬼の魂を受け継ぐ明日夢
 ・弟子として一人前となり、新しい鬼となったあきら
 ・力を合わせて魔化魍に立ち向かう鬼の姿
納得いかない、と思うことよりも
よくぞ見せてくれた、と思うことが先に立ったのです。

正直な意見は、
逆に響鬼編の出来次第では、ディケイド視聴をやめようとまで思いながら見ていました。
理由は簡単。
クウガ編、龍騎編、ブレイド編の話が悪かったから、です。
再編が目的のディケイドなのですから、元の話と違っていてもおかしくない。
そう思って見始めたディケイドでも、
 ・想い人に好かれる為に戦うクウガ
 ・自ら戦いに飛び込む龍騎
 ・ラスボス(?)になるジョーカー
という、見たくないものが続いたからです。
クウガは、誰が為に戦う戦士。
誰かの笑顔の為に、涙を流しながら、拳の感触を嫌がりながら戦う優しい男の話なのです。
例えそれが想い人の為であっても、自分の為に怪人と戦う男の話ではないのです。
クウガ編は、そんな小野寺クウガが、少しだけ五代クウガに近付く話でした。
最終的に誰かの笑顔の為に戦えるようになったとしても、
そんなきっかけで戦えるクウガはクウガじゃない。
それがクウガをリアルタイムで見ていた人間としての正直な感想でした。

話を響鬼編に戻します。
響鬼編は旧キャスト陣が揃うということで楽しみにしていました。
事前の情報で、あきらが変身するということも知ってましたし、
ぶっちゃけ、それだけでもいいかな、とも思うぐらいの期待度でした。
響鬼の後半を見ている人間として、期待してはいけないなと思うのは仕方がないことだと。
で、
前半の話は、以前の響鬼に近い雰囲気があったなーと。
後半の話は、言わずもがな。
はやり、見たいものが見れたということが大きいかと。

平たく言うと、
お約束。
お約束と言うのとは少し違うのかも知れませんが…
広義の意味で、お約束と呼ばせてもらいます。
決まりごとがあり、ある程度、見たいものが決まっていること、ですから。
水戸黄門は、悪代官が改心してしまっては話は成り立ちません。
悪代官が多勢で攻めてきて、黄門様を助さん格さんが裏切る、
そんな水戸黄門は見たくないでしょう。
多なかれ、少なかれ、どんな物語にもお約束と呼ばれる筋書きがあるのです。
シリーズ化する作品は、作品独自のお約束があるから、長続きするんだろうという考えに至りました。
寅さんは、最後にフラれる(or 勘違いして旅立つ)から、寅さんなのです。
戦隊モノは、五人揃って名乗りを上げてこそ、華がある。
逆に、
シリーズのお約束から外れて、人気を落とす作品もある。
ダイハードは、一人で不幸だと喚き散らしながら、頭脳戦で相手を追い込むことがお約束。
ターミネーターは、どーやっても勝てそうもないターミネーターを倒すも、未来に曖昧な不安を残して終わることがお約束。
お約束を外れた作品は、やはりそれなりの評価になっているものが多いと思います。

物語の大筋は、お約束で成り立っている。
そういう自分なりの答えを見つけたのです。

長文になったので終わります。
comments(0)|trackback(0)|徒然|2010-01-08_21:56|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。