Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

悲哀天啓の道-了 終幕

本題に行く前にー
昨日、仮UPしたリストの話をば。


■三国志大戦3 暫定排出リスト (2007.12.12改定)

 注:稼動前の情報の私版まとめです。
   雑誌に乗っていることと、
   画像ソースがないものは、敢えてリストに載せてません。
   (違ったら切ないから)
   LEも排出されなさそうな気がしますが…雑誌には排出停止となってなかったので
   書いてあります。
   詳しくはリンク先のコメントを読んでくださいなー


以上。




…本編は続きに。

  舞台の幕をおろします。





■終劇■


 炎に包まれた城内。
 ただ一人踊り続ける舞姫。
 風になれと踊る。
 自分以外の誰もが助かるようにと、ただ踊り続けている。
 蔡のように上手く踊れなくても…思いを踊りにのせることは出来るから。
 熱さは感じない。
 感じるはずもない。
 風は熱さを感じないから。
 ただ涼やかに舞い続ける。

 「お前様ぁッ、甄ぃん!」

 どこかで男の叫ぶ声が聞こえた。
 懐かしい声だと微笑む舞姫。
 凛とした表情の奥で…何かが崩れる音を聞いた。
 涙が流れる。
 あの馬鹿。
 こんな無茶なことを。
 わざわざ炎に焼かれにきたの?
 そんな馬鹿…嫌いじゃない。
 ううん、好きだった。
 今、考えても好みじゃない。
 …
 …無茶で
 …引くことを知らなくて
 …仲間思いで
 …無神経で
 …あたしの気持ちなんて、ちっとも考えてくれない馬鹿。
 …
 今だって、こんな無茶に付き合えなんて、あたしは言ってないよ。
 でも、嬉しい。
 嬉しい時も、涙出るんだね。
 あたし、知らなかった。

 「甄!」
 「あ、やっと名前で呼んでくれた…」
 倒れている甄。
 顔には涙の跡。
 「あれ? あたしを迎えに来るときは、白い馬で迎えに来てって言ったの忘れた?」
 「何をこんな時に言ってんだ、甄!」
 炎に囲まれ倒れている甄。
 抱え起こす。
 「あたし、立ち直り早いの忘れた?」
 弱々しく微笑む。
 「…忘れてはないが」
 「ねえ、楽進」
 「今は…何も言わなくていい、出るぞ」
 「ううん、今だから言いたいの」
 「…」
 「ダメ?」
 「…駄目だ」
 精一杯の笑顔で答える楽進。
 「最後の言葉は、俺から伝えさせてくれ」
 甄は視線を逸らす。
 顔が赤いのは炎に照らされているから…だけではないようだ。 
 「じゃ、ここから出るまでの約束分だけ」
 眼を閉じる。
 二人の影が重なった。
 

 城が燃える。
 炎の勢いは止まる気配がない。
 ただ、呆然と見つめる曹丕と郭。
 小さく呟く郭。
 「私は生きていていいのかしら」
 「…死ぬな」
 曹丕は炎から目を離さない。
 「アレはそういう女だ。
  …お前が死ぬことも許さないだろう」
 震える肩を抱く。
 「はい」
 ねえ、お姉様。
 笑わないで、聞いて頂けるかしら?
 今度、逢うときには…本当の姉妹になって、あなたを姉と呼びたいの。
 お姉様、本気よ、私。 
 お姉様が優しくしてくれたように。
 …私だって、優しくなりたいの。


 「離して、甄ちゃんを助けにいくの!」
 「放すわけにはいきません」
 叫ぶ蔡文姫。
 その腕を掴む劉曄。
 「もう二度と、あなたを失うわけにはいかないんですよ、僕は!」
 「…名探偵さん?」
 「僕のわがままだって、わかってます。
  今、僕に出来ることは他にないんですよ」
 燃える城を見上げる蔡文姫。
 ねぇ、甄ちゃん、大丈夫、だよね?
 また、私は元気だよ、って笑ってくれるよね?
 甄ちゃん。


 「ムリダヨ。僕デモ火ノ中ニハ飛ビ込メナイ」
 兀突骨が叫ぶ。
 「じゃあ、このまま、指咥えて見てろって言うの!」
 歯噛みする祝融。
 「…方法ハ、アッタ!」
 閃光が兀突骨を包む。
 藤甲鎧の戒めが解かれ、子どもの姿に戻る兀突骨。
 子どもの姿に戻った兀突骨を殴る孟獲。
 「鎧が焼けるからって、生身になりゃもっと焼けるだろうが、馬鹿」
 「馬鹿だって、何もしないよりはいいよ!」
 「…ガキが一端言うようになったなぁ」
 豪快に笑う。
 「おい、木鹿!
  ガキを押さえとけ!!
  俺がひとっ走り、行ってくらあ!」
 心配そうに見る祝融。
 「俺は死なねぇよ、不死身だって忘れたか?」


 「みんな、頼む」
 集められた水計使い達が、燃える城の前に集う。
 「はい、師匠」
 「こそばやいから、師匠なんて呼ばねぇでくれ」
 師匠と呼ぶ少女-曹節。
 照れる陳宮。
 「照れてる場合ですか?
  そんな時間はないですよ」
 諌める荀攸。
 …無言で頷く司馬懿。
 「いくぜぇ!」

 「流されちまぇ!」
 「今です、堰を!」
 「運がなかったですね」
 「全てを流しされぃ!」
 「押し流されるがいいわ!」
 「水は怖いもんじゃ」
 「押し流せ!」

 巻き起こる巨大な水流。
 炎を飲み込む。
 城の前面、そして、全体を包む炎が消える。
 だが、
 城の奥深くの炎は消えない。

 水流が最後の引き金であったのだろう。
 城は轟音を立てて崩れ落ちた。






■終幕-エピローグ- 幸せな結末


 とある城で壮絶な親娘喧嘩が行われていた。
 喧嘩の理由は、結婚問題である。
 娘には…好いている男がいた。
 相手の男は、それを知らない朴念仁。
 他人のことは気が付くのに、自分のことには気が付かない鈍い男だった。
 その男は、今、城にいない。
 自分がわがままを言い過ぎたからだ。
 そう娘は思っている。
 素直になんてなれない。
 なれる訳がない。
 男勝りに戦っていた自分が、そんな好きだとか嫌いだなんて言える訳…ない。
 そこに結婚話が湧いてくる。
 城を去った男が、この城の当主のためにと残していった最後の策であった。
 そして、
 今に至る。
 娘は…城の外にいる。
 城を壊滅に追いやるほどの大喧嘩の挙句、家出することに決めたらしい。
 何処に行くあてのない旅。
 あてがないなら、あの男の下にでも行こうか、とも思う。
 でも…
 …その勇気はない。
 矢に撃たれ、槍に穿たれようとも屈しない不屈の精神は、告白とは無縁の代物のようだ。
 大きくため息をつく。
 「なら、あたし達と一緒に来ない?」
 二人連れの旅人が娘に声をかけた。
 綺麗な女と小柄な男。
 娘が感じた印象はこうだった。
 美女と野獣。
 娘の脳裏には、そんな言葉も思い浮かぶ。
 娘がそう思っても無理はない。
 女は高貴な家の生まれの絶世の美女。
 男は愚直なまでの真直ぐの武で鍛え上げられた戦士。
 一緒にいるのは不自然なのだ。
 娘はそんな経緯を何一つ知らない。
 ただそんな二人を見て、いいなと思う。
 こんな二人がいてもいいのなら、
 歳の差の離れた自分の恋だって叶うのかもしれない。
 娘のココロの中には、そんな淡い思いが生まれていた。
 子どものように、うなづく娘。
 二人は笑顔で、娘に答えた。

 そして、旅は続いていく。

 娘の慕う男が二人の知人であることを娘は、まだ知らない。
 二人の戻る先で、その男と遭遇し、また新たな騒動に巻き込まれていくのだが、
 それは、また別の話。






■あとがき■

 悲哀天啓の道と銘を打った話を、長々と書いています(現在進行形)。
 終幕には…まだ語らなければいけない話が残っているのですが…
 とりあえずの幕を引かせてもらいます。
 途中の話は、別の機会に書いていきますねー。
 つか、今、ストーリーに添って進んでいく話は、同じ結末にならないかもしれませんが…
 
 悲哀天啓の道に於いて、独自色が濃く出た二人が甄と楽進でした。
 甄は気が強い女性のイメージから、
 楽進は、カードイラストからではなく、絵師さんのHPのイラストのイメージから生まれた個性。
 顎に手をあて、やれやれと言ってるようなはにかんだ笑顔。
 それが私のかく楽進のイメージとなっています。
 カードの、
 大戦の武将のイメージから離れてきていることは理解していました。 
 ゆえに、用意した結末でもあるのです。

 ver2に上がるときに、話を完結させるつもりだったのですが…終わらなかった(汗
 尺が長くなり、出てない連中が出だすw
 でも、
 もう悲哀はなくなります。
 話を終わらせなければ、いけない時期なのです。
 ずっと使い続けた悲哀と分かれるのは、正直寂しいです。
 どんな変わったデッキを使っても、メインデッキには必ずSR甄皇后がいましたから。
 でも、別れは何処にでもありますから。
 しゃあないんですよ。
 笑顔で、送らないと、ね。

 …よき旅を。

 
                               -悲哀が終わる日に
                                              龍之介 拝 

comments(0)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2007-12-12_23:59|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。