Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

三国志大戦二次創作同盟 ■第七幕■




龍之介です。
ども。

いつも通りというか…なんというか、
三国志大戦二次創作同盟に参加しております。

と言うか、思いっきり遅刻しておりますm(_ _)m
遅れた割に、まー色々とアレでなんですが…


遅れた理由として、色々あったんですが…
明日以降のネタとさせていただきますw

遅れたあげくに、更に追加。
■追記■10/25追加
 女はその時まで、ただの女だった。

 弓の扱いに秀でていた訳でもなく、
 馬の扱いにたけていた訳でもない。
 戦士であることもありえない。

 ただの女、
 そう、
 ただの女だったのだ。

 その時、までは。


名探偵 劉曄子揚 外伝 - ただの女の話



■1■荒野

 深いフードのついた灰色のコートを羽織る人影。
 フードの奥の表情は見えない。
 廃墟と化した砦を眺める。
 血の染み込んだ大地には、僅かながらも花が咲いていた。
 薄紫色の小さな花が咲いていた。



■2■廃墟-名は麦城

 無数の矢が刺さる城門。
 青いバンダナをした沈瑩が、
 槍にもたれ掛かるように立っている。
 城門同様に無数の矢を身体に受けていた。

   |
沈瑩 |「俺を倒そうって、奴はいねぇのか!」
   |
   | 叫ぶ。
   | 顔をあげる沈瑩。
   | 青かったバンダナは、赤と青に染まっていた。
   | 
周姫 |「沈瑩さん、開けてください!!」
沈瑩 |「それは、聞けない頼みだな…かはっ」
   |
   | 城門の裏側から、周姫の悲鳴が木霊する。
   | 風切る音が周姫の耳にも聞こえる。
   | 必死に門を叩く周姫。
   |
周姫 |「沈瑩さん!!
   | もう機械は動き始めているんです!
   | 大丈夫ですから、開けてください」
   |
   | 嗤う沈瑩。
   |
周姫 |「聞こえてますよね?!
   | 沈瑩さん!!」
沈瑩 |「聞こえねえし、
   | 聞けねぇ!」
   |
   | 矢が刺さる。
   | 矢には、炎が灯っていた。
   |
周姫 |「もう誰かが犠牲なるんて、嫌なんです!
   | 沈瑩さん…」
沈瑩 |「泣くな、姫。
   | 俺は、犠牲になる気はねぇ。
   | きっと追いついてみせるって、言ったろうが?
   | …信じれないか?」
   |
   | 擦れた声で話す沈瑩。
   | 火矢を引き抜き、床に叩きつける。
   | 正面を見据える。
   | 槍を構え直す。
   |
沈瑩 |「…俺は未来の為に戦ってんだ!!
   | 犠牲になるつもりはねぇ!!」
   |
   | 廃墟と化した麦城の中から、赤い光がこぼれる。
   | 赤い光は緑の光へと移り変わり、そして、消えた。
   | 門を叩く音も消えていた。
   | 嗤う沈瑩。
   | 笑顔を浮かべたまま、その場で崩れ落ちた。
   |



■3■麦城、手前

 水軍を率いた呂蒙(SR)と陸遜(R)。
 静かに麦城へ迫る。

   |
呂蒙S|「情報通りだな」
陸遜R|「ええ、敵襲を受けています。
   | どうしますか?」
呂蒙S|「言うまでもない。
   | このチャンスは二度とないだろう」
陸遜R|「では?」
呂蒙S|「全軍に指令を発する。
   | 敵は麦城を包囲する黄巾党。
   | 全軍進軍せよ!!!」
   | 

 呂蒙(SR)と陸遜(R)の胸元には、
 青いペンダントが光る。



■4■廃墟-名は麦城

 廃墟を見下ろすコートを着た人影。
 人影は二人。
 灰色のコートと赤いコートを着た二人がいた。

 見下ろす眼下には、槍にもたれ掛かるように立つ沈瑩。
 廃墟の隙間から、門の向うで扉を叩く周姫の姿も見えていた。

   |
灰  |「嫌いじゃないわ、ああいう馬鹿」
赤  |「そう言うと思っていた」
灰  |「あなたは城の中の人間を救出。
   | いいわね?」
赤  |「面倒だが…仕方あるまい」
灰  |「もう少し口の利き方を覚えたほうがいいんじゃない?」
赤  |「悪い。
   | 生まれてこの方、この喋り以外はしたことがない」
灰  |「じゃ、また今度矯正してあげるわ」
   |
   | 灰色コートを脱ぎ、ウインクをする王異(SR)。
   | 赤いコートを着た人影はコートを脱ぐことなく、跳躍。
   | 眼下の廃墟に向かう。
   | その刹那、
   | 赤い光が赤いコートの人影をも包みこんだ。
   |
王異S|「未来か、まだ、そんな言葉を言える馬鹿がいるなんて、ね」
   | 
   | 右手と左手にそれぞれ、クロスボウを構え、
   | 宙を舞う王異(SR)。 
   | 沈瑩の前に降り立つ。
   | 気が付いた敵兵の弓が王異(SR)を襲う。
   | 王異(SR)は避けようともしない。
   | 踊るように舞う。
   | そして、
   | 敵兵に向けて、クロスボウを放った。
   | 確実に敵兵を貫くクォーラル。
   | 王異(SR)の動きが止まった時に、
   | 動いている敵兵はいなかった。
   |
   | 振り返る王異(SR)。
   | そこには倒れている沈瑩。
   |
王異S|「…男って、ホント馬鹿」
   | 
   | 中空から舞ってきたコートを掴み、羽織る。
   | フードを目深に被る。
   |
王異S|「ほんと…馬鹿なんだから」
   |
   | 擦れた声。
   | 目深に被ったフードから表情は伺えない。
   | 一滴の涙が、廃墟となった地面にこぼれ落ちた。
   | 
沈瑩 |「…っ」
王異S|「馬鹿は私だわ」
   |
   | 自然とこぼれる笑みを王異(SR)は隠そうとしなかった。
   |



■5■麦城

 関羽(LE本宮)と対峙する関平(R)。

   |
関平R|「親はいつか越えなきゃいけない。
   | いくら偉大な親父でも乗り越えてみせなきゃな」
   |
   | 小さくつぶやく。
   |
関平R|「まして!
   | 偽者に負けてやる道理はない!!」
   |
   | 上段に構え斬りかかる。
   | しのぎ、穂先を払う関羽(LE本宮)。
   | 関平(R)は、その隙を見逃さなかった。
   | 穂先を払われた勢いを利用して、石突で青龍偃月刀ごと
   | 関羽(LE本宮)を弾き飛ばす。
   |
関平R|「勝負は見えた大人しく降伏しろ!!」
   |



■6■南蛮ビーチ

 夜明けが近い南蛮ビーチ。
 兀突骨(こども)とトウ艾、羊コを乗せた象が到着する。
 異変は見当たらない。
 象から降りて、海の家に駆ける兀突骨(こども)。
 トウ艾と羊コも象から降り立つ。

   |
トウ艾|「間に合ったのだな?」
羊コ |「多分…」
   |
   | 手にしたライフルの撃鉄を起こす。
   |
羊コ |「まだ、油断は出来ませんが」
   |
   | 目を細める羊コ。
   |
羊コ |「油断は出来ませんけど、この景色は言葉に出来ませんね」
   |
   | 朝日が海岸線より浮かぶ。
   | 陽光が稜線を、そして、南蛮ビーチを赤く染める。
   |
トウ艾|「ああ、兀姉が好きだった朝日だ。
   | 俺が守る」
羊コ |「俺じゃなく、私達が、ですよ」
   |
   | 笑う羊コ。
   | トウ艾も釣られるように表情を崩した。
   |



■7■どこか

 赤いコートの男は一人、森の中にいた。
 我知らず溜息をつく。
 男が懐から取り出すものは武器ばかり。
 見る人が見れば、溜息を漏らすような名刀、名槍ばかりなのだが、
 それでは、腹の足しにはならぬ。

   |
赤  |「道はわからず、
   | 手持ちの兵糧は尽きた。
   | 金もなし。
   | さて、どうするべきか?」
   |
   | がさごそと茂みが動く。
   | 女が現れる。
   | 髪飾はつけていないが、甄皇后(SR)そのひとである。
   | 男は、その顔を知らない。
   |
甄皇后|「何、辛気臭いこと言ってるのよ!」
赤  |「好き好んで言っているわけではない」
甄皇后|「道に迷ったなら、木にでも登ればいい。
   | 腹へったなら、獣を狩る。
   | 金がないなら」
   |
   | 広げた武器を見る。
   | 青い剣と赤い剣を拾う。
   |
甄皇后|「売ればいいじゃないの!
   | 今、巷で噂の上級武器商人なんでしょ、あんた」
赤  |「いや、それは売り物でもなんでも」
甄皇后|「赤い服着てるし」
赤  |「これは服ではなくて…だな」
甄皇后|「で、これいくら?
   | 手ぶらで行くわけにはいかないのよ、あたしは」
   |

 赤いコートの男はしぶしぶ二振りの剣を甄皇后に渡した。
 甄皇后は持っていた有り金全部と、地図を男に渡すと何事もなかったように、
 南へと消えていった。



■なかがき■

 中途半端ですが…話を進めて終わりますm(_ _)m
 麦城も一段落。
 やっと、甄を出せたw
 ここまでが長かったw

 王異が飛び降りるシーンは、
 
 を
 再生してもらえるとありがたいですw
 つか、
 脳内で再生しながら書いていたんですが…中途半端ですなぁ。

 というわけで、なかがきも中途半端に終わりますm(_ _)m


●同盟主

酔狂書生は江湖を往く

神行百変さん

 
●参加の皆様方

TOM9's Blog

TOM9さん



二人の舞姫物語

ダブルSさん



ヘボプレイヤーの意地!

第二蜀さん



あと、私になります。

あ、そうそうオマケはありませんよw






■追記■10/25追加

■8■ただの女のいる村

 山間の小さな村に、赤いコートの男はいた。
 小さな村を見下ろす丘に、赤いコートの男はいる。
 ひとり呟く男。

   |
赤  |「山間の小さな村。
   | この村に、井戸はない。
   | 村の女達は近くにある沢に水を汲みに行くことを
   | 日課としていた、か」
   |
   |
   | 回想シーンへ
   | 話している人間が、赤いコートの男から、
   | 王異(SR)へと変わる。
   | 夜。
   | 焚火に照らされた横顔は険しくも美しい。
   |
王異S|「私は運悪く生きのびたの。
   | 水汲みに行ってたから」
赤  |「運良く、じゃないのか?」
王異S|「運悪くよ。
   | 運がいいわけないじゃない。
   | あの人の死顔も、あの子達の死顔も見なきゃいけなかったのよ!
   | 大事なひとの死顔を見ることの辛さって、わかる?!」
赤  |「わかるさ。
   | 俺のお袋も目の前で殺されたからな…」
王異S|「…ごめん、言い過ぎた」
赤  |「いや、謝るのは俺だ。
   | なんで旅をしているのかと聞いたのは、俺だからな」
   |
   | 深々と頭をさげる。
   |
赤  |「俺は、あんたに感謝してる。
   | あんたがいなければ、今の俺はない」
   |
   |
   | 回想シーン終わり。
   | 丘から、村を見下ろす赤いコートの男。
   |
赤  |「まさか、こんな形で礼を果たすとは考えてもいなかったぜ!」
   |
   | 名もなき村に入り行く賊の姿。
   | 男は、コートの裾を翻すと、眼下の村へと消えていった。
   |
   |



■9■ただの女の話

 私が水汲みに行っている時に、村に賊が来たらしい。
 らしい、と言うのは、私が何も見ていないからだ。
 村にいたなら、ちょっとした刺激になったのかもしれない。
 でも、それは何事もなかったから言える話なのだろう。
 趙英はカッコイイひとだったと言ってたけど…
 …こどもの言うことを真に受けるのも母親としてどうかと思う。
 でも、
 ちょっとだけ見てみたかった気はする。

 彼女は、ここまでを日記に書いて、ページを閉じた。

 閉じた日記には、王異と名が記されていた。



名探偵 劉曄子揚 外伝 - ただの女の話 -了






■あとがき■

よし、最後まで書けたw
ここまで書かんと、落ちつかんw

Theme:三国志大戦2
Genre:ゲーム

comments(3)|trackback(0)|三国志大戦 コラボ|2007-10-23_22:35|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です
お体は大丈夫ですか、無理はいけませんよ
甄も出てきちゃって、物語もずいぶん佳境に来たようですね
次回も楽しみにしていますよ
会盟お疲れ様でした。

王異に甄に謎の人物も出てきて、ますます先の読めない展開になってきましたねぇ。
続き、楽しみにしていますよ。
おくれす…にもほどがありますな(滝汗
>TOM9さん
体は大丈夫なんですがね…
考えてることを文章化出来ないジレンマを
平たく言うと
スランプなんですが(こら

久々に登場です。
佳境突入しています。

>神行百変さん
いろいろとすいません。
遅れているやら、遅れているやら、おくれているや(ry
こういうことなので、SR王異の再登場はありえませんw
謎の人物の正体は、そのうち。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。