Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

名探偵 劉曄子揚-外伝 「もう一度、星に願いを」

こんばんわ。

ICBの終わった直後ですが、話をもうひとつ。
星の煌く夜にこんな話は、いかがでしょうか?

暗闇から一人歩み出る男。
劉曄子揚
誰に語るともなく話しはじめる。

   |
劉曄 |「古来から、
   | 人は星に自分の運命を重ねていたそうです。
   | 強く光る星もあり、長く光る星もあり。
   | 星と言えば、こういう話をご存知ですか?」
   |


前奏■

じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃー♪
てけれんてけれん♪
じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃー♪
ぱらっぱっぱーぱー♪
ぱらっぱぱぱぱー♪
じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃんじゃん♪


 タイトルが入る。
 黒バックに赤い文字

 


 名探偵 劉曄子揚-外伝 「もう一度、星に願いを」



■シーン1■海の家、ZO。夜

 星空を眺める祝融。
 傍らには、こども(兀突骨)の姿がある。

   |
祝融 |「あーあ、今年も一人か」
兀突骨|「一人?
   | 僕がいるよ?」
祝融 |「うふふ。
   | そうね」
   |
   | 微笑み兀突骨の短い頭を撫でる。
   |
祝融 |「兀ちゃんも、もう少し大きくなれば、わかるわ」
兀突骨|「うー、なんだろ、その言葉。
   | 僕はこう見えたって、立派なれでぃなんだよ?」
祝融 |「レディだったら、象に水浴びをさせる時は、
   | 水着ぐらい着ないとね」
兀突骨|「だって」
祝融 |「僕って、言葉づかいも直さないと、
   | 立派なレディにはなれないわよ」
   |

 ナレーション:兀突骨(こども)
     『僕は、こういう生活がいつまでも続くと思っていた。
      象と一緒に遊び、
      時々、柄の悪い連中を追い払い、
      たまには、海に入ったりして、
      祝融お姉ちゃんの話を聞く。
      こんな生活が…』



■シーン2■荒野、夜。

 星空を眺める女(兀突骨)。
 すっかり大人になっている。
 眼鏡は、頭のうえに載せているだけで、かけていない。

 陣から出てきたトウ艾が話しかける。

   |
トウ艾|「兀突骨殿、見張り交代します」
兀突骨|「ううん、替わらなくていいよ。
   | もう少し星を眺めていたいし」
トウ艾|「休むことも、戦士の務めです。
   | 兀突骨殿は皆の支えです。
   | 休んでください」
   |
   | 溜息をつく兀突骨。
   | そして、笑う。
   |
兀突骨|「はいはい。
   | でも、いい加減、兀突骨殿って呼ぶのやめてくれないかな?」
トウ艾|「ですが、兀突骨殿は、兀突骨殿です。
   | 魏から追われた私達を匿い、治療してくれました。
   | やはり」
兀突骨|「たんま。
   | だから、堅苦しいことはいいっこなし。
   | みんなみたいに、兀姉ちゃんって、呼んでくれればいいよ」
   |
   | 茶目っ気一杯に、微笑む。
   |
兀突骨|「言うこと聞いてくれないと、
   | 僕、このまま見張りに立ち続けるんだから」
   |
   | 逆に溜息をつくトウ艾。
   |
兀突骨|「決めた。
   | 今夜は僕が立ち続ける」
トウ艾|「昨夜も体を休めなければいけないのに、
   | 小虎の見張りと交代していたではないですか。
   | 休まないと体に毒です」
兀突骨|「だったら、
   | 兀姉ちゃん交代するから、休んでって言えばいいの」
トウ艾|「ですが」
兀突骨|「力づくで、交代させてみる?
   | 鎧着てなくとも、僕の力は強いよ?」
トウ艾|「そんなことはしません」
兀突骨|「つまんない」
   |
   | 地べたに座り込む兀突骨。
   | そのまま、ごろんと大の字になる。
   |
兀突骨|「いつも堅苦しく考えることはないよ、トウ艾。
   | こうやって、星を眺めてごらんよ。
   | いつも、悩んでいることが消えていくから」
   |
   | 兀突骨の姿を見た後、視線を逸らすトウ艾。
   | トウ艾も星空を見上げる。
   |
兀突骨|「星空は、変わんないね。
   | これだけ、時代が変わったのに…」
トウ艾|「聞いてもいいですか?
   | 争いもなく平和だった世界とは、
   | 一体どんな世界、だったのですか?」
兀突骨|「みんな笑ってた。
   | 時々、事件とか乱暴するひとはいたけど…
   | 戦争を起こそうなんてひとはいなかったよ。
   | 想像つかない?」
トウ艾|「物心ついた頃には、修行にあけくれる毎日でしたから」
兀突骨|「じゃ、海水浴にも行ったことない?
   | 露店が並んでるような?」
トウ艾|「生憎ながら」
兀突骨|「じゃあ、平和になったら、みんなで海水浴に行こう」
   |
   | 黙るトウ艾。
   |
兀突骨|「トウ艾? 聞いてる?」
トウ艾|「…はい。行きましょう」
   |
   | トウ艾には、平和になる世界が想像出来なかった。
   | 流浪と戦闘に明け暮れる今の日々から、
   | 逃げることもせず、ただ恩義の為に戦う。
   | それがトウ艾という男だった。
   | 目の前で無防備に笑う女は、
   | そんなことよりも、平和になったら、遊ぼうという。
   | いつ自分達が命を落とすかわからないと言うのに。
   |
トウ艾|「行きましょう、兀姉」
兀突骨|「まー、よし、かな?」
トウ艾|「は?」
兀突骨|「硬いけど、許してあげる。
   | やっと、殿、が取れたから」
   |
   | 兀突骨は、大きく欠伸した。
   |
兀突骨|「このまま寝るから、トウ艾、後お願い…」
トウ艾|「はっ!」
兀突骨|「硬いこと言わなくていいの…むにゃむにゃ」
   |

 トウ艾は、眠る兀突骨の隣に腰を下ろした。
 そして、
 自分の外套を兀突骨にかけると、また立ち上がり、見張りに従事した。



■シーン3■荒野、翌朝

 羊コがトウ艾の肩を叩き、笑う。

   |
羊コ |「トウ艾も隅におけないね」
トウ艾|「なんのことだ?」
羊コ |「兀姉ちゃんが好きなら、好きだって言ってくれればいいのに」
トウ艾|「はぁ?」
羊コ |「違うの?
   | だって、昨晩…」
トウ艾|「見張りを変わっただけだ」
羊コ |「でも、兀姉ちゃん戻って来なかったよ?」
トウ艾|「…それは」
羊コ |「一緒にいたんでしょ?」
   |
   | やっぱりという表情をする羊コ。
   | 
羊コ |「…力になるよ、トウ艾」
トウ艾|「だから、違うと」
羊コ |「兀姉ちゃんだって、気を張ってるようだけど、
   | ひとりの女性なんだから。
   | 支えてやってよ、トウ艾」
トウ艾|「…違うと言っている」
羊コ |「照れなくてもいいって、トウ艾」
   |

 歩きさるトウ艾。



■シーン4■荒野、夜

 地面に座る兀突骨。
 隣に立つトウ艾。

   |
兀突骨|「立ってると疲れるよ、トウ艾。
   | 座ったら?」
トウ艾|「立っているほうが落ち着きます」
兀突骨|「相変わらず、堅苦しいね。
   | そんなんじゃ彼女も出来ないぞ」
トウ艾|「いりませぬ」
兀突骨|「そうなの?
   | じゃ、彼氏が欲しい?
   | 羊コとか?」
トウ艾|「どこから、そういう発想が!」
兀突骨|「だって、僕よりも羊コのほうが腰が細いし、
   | 華奢で守ってあげたい感じがするし。
   | 僕よりも可愛いじゃない」
   |
   | 黙るトウ艾。
   |
兀突骨|「僕よりも水着似合うと思うよ。
   | パッド入れて、ビキニでも着せれば、
   | 並みの男でも振り向くな、きっと」
トウ艾|「振り向きません」
兀突骨|「そうなの?
   | いい線言ってると思うけど」
トウ艾|「自分は」
兀突骨|「自分は?」
トウ艾|「…」
兀突骨|「声が小さいよ、もっと大きく!」
トウ艾|「自分は兀姉の水着姿のほうが見たいであります」
兀突骨|「せめて、周姫の水着って言っておきなって。
   | 僕の水着姿見ても面白くもなんともないよ?」
トウ艾|「自分は、そうは思いません」
兀突骨|「ぢゃ、ここで脱いでみるかな?
   | どんな感想がくるかな?」
   |
   | 悪戯っぽく笑い、トウ艾の前に立つ。
   | そして、上着に手をかける。
   | 慌てて、視線を星空にむけるトウ艾。
   | 見上げた星空に、流れ星が舞う。
   |
兀突骨|「平和になりますように。
   | 平和になりますように。
   | 平和になりますように」
トウ艾|「兀姉?」
兀突骨|「流れ星に願いをかけると叶うって聞いたことない?」
トウ艾|「いえ、迷信は信じない性分で」
兀突骨|「…迷信じゃないよ。
   | 願いは叶うの。
   | 強く願ったことは、きっと叶う。
   | 時間は過去に戻らないけど、
   | 強く願って動いたことは、きっと明日に繋がっていくんだよ」
   |
   | 笑う兀突骨。
   |
兀突骨|「こうやって、救えたみんなもいるんだし、
   | きっと、すこしづつ平和な明日に繋がっているんだよ」
トウ艾|「その日まで、自分が兀姉の剣となります」
兀突骨|「ならなくていい。
   | なるんなら、みんなを守る盾になって。
   | うーん、
   | でも、僕がいるうちは、僕が守るからならなくていいよ」
トウ艾|「ですが」
兀突骨|「むしろ、なるな。
   | 命を大事にしろ。
   | 少しずつでも、
   | いい恋をして、いい思い出を作って、
   | いい明日も繋げてくれ」
   |
   | 黙るトウ艾。
   |
兀突骨|「僕みたいな生き方をする人間は僕だけでいい。
   | わかるね、トウ艾」
トウ艾|「自分は」
   |
   | 背伸びして、トウ艾の頭を撫でる兀突骨。
   |
兀突骨|「戦うこと以外を知らなきゃ、知ればいいんだよ。
   | きっと、戦うこと以外を大事に思える日が来るから」
   |

 トウ艾は泣いた。
 兀突骨に胸に顔を預け、さめざめと泣いていた。
 兀突骨は、泣きやむまで、その頭を撫でていた。



■シーン5■大河のほとり、深夜

 遠くに麦城の影がみえる。
 焦燥した一行。
 歩みを止めない。
 象に跨るのは、小虎と周姫。
 二人が泣き止む気配はない。

 前方をひたすらに進む、トウ艾と張悌。

   |
トウ艾|「あれが、麦城か」
張悌 |「ええ、記録したデータもそう言ってます」
トウ艾|「何があるのか、わからないが…
   | 行くしかあるまい」
張悌 |「その前に、この眼鏡をかけてもらえませんか?」
トウ艾|「これは、兀姉の?」
張悌 |「聞かずにかけてください」
   |
   | 眼鏡をかけるトウ艾。
   |
   | トウ艾の脳裏に映像がうつる。
   | トウ艾が見たことのない南蛮の海の風景。
   | 海の家、露店、
   | こども、まだ幼い兀突骨の姿もそこにはある。
   |
兀突骨|『これを見ている時は、僕はそこにいないはずだ。
   | これが僕が幼い頃にいた風景なんだ。
   | みんな笑ってるだろ?
   |
   | こんな風景をみんなにも感じて欲しかったんだ。 
   | 僕は祝融姉ちゃんみたいになれないけど、
   | 少しは、みんなを導けたかい?
   |
   | 張悌、すまないけど、知識は君に託す。
   | 皆を導いてくれ。 
   |
   | 羊コ、陸抗、君達は冷静に戦況を把握出来る。
   | 被害が少なくなるように、立ち回るようにしてくれ。
   | 文鴦と沈瑩は腕は立つが、
   | スタンドプレイになりがちだ。
   | しっかり手綱を握ってくれよ。
   |
   | 周姫。
   | こんどは君が一番上のお姉ちゃんだ。
   | 小虎をいじめる悪いやつは、僕のかわりにゲンコだよ。
   |
   | 朱拠、小虎。
   | 夫婦仲良しで、僕は焼ける時ばっかだったよ。
   | これからも仲良しで。
   |
   | トウ艾。
   | ありがとう。
   | 守ってくれるって、言ってくれたの嬉しかったよ。
   | こんな時代じゃなきゃ、
   | 遠慮なく守ってもらってたよ。
   | それと、
   | …
   | ……
   | …
   | 勝手で、ごめん』
   |
トウ艾|「いつも、兀姉は勝手だ!
   | 俺を振り回して。
   | 何故、おのれの命を粗末にする!!!」
   |
   | 叫ぶ。
   |

 流れ星が舞う。
 トウ艾の叫びは、流星とともに大河の流れに飲み込まれていった。



■シーン6■諸葛亮邸の外、崖の上、夜

 象に腰掛け、星空をみあげる兀突骨(こども)。
 まだ、蔡文姫が刺されたことを兀突骨は知らない。
 こどもだからと、皆が黙っているのだ。

   |
兀突骨|「ねえ、今年もひとりって、
   | どういう意味だったかわかる?」
   |
   | 象は、ぱおーんと答える。
   |
兀突骨|「あの日はねー、七夕だったんだって
   | 年に一度しか逢えない恋人同士が逢える日なんだよ。
   | 知ってた?」
   |
   | ふるふると鼻をふる象。
   | よいしょ、と象から飛び降りる。
   |
兀突骨|「名探偵と蔡文姫のお姉ちゃんみたいに、
   | 僕も仲のいい恋人同士になるんだよ。
   | きっと」
   |
   | 兀突骨は星空をみつめた。
   | 流れ星が流れる。
   |
兀突骨|「流れ星?
   | とうこうへい?
   | どっちだろうね。あ、願い事言うの忘れた」
   |
   | 視線を地面に戻す兀突骨。
   | 視線を戻すと、見たことのない一団が
   | 兀突骨を見つめていた。
   |
小虎 |「兀お姉ちゃん」
   |
   | 口火を切ったのは、小虎。
   | 薄汚れたぬいぐるみを片手に、兀突骨に抱きつく。
   | 涙を流す。
   |
兀突骨|「お姉ちゃんって、僕よりも年上じゃないの?
   | ねえ、何がどうなってるの?」
   |
   | 兀突骨を見つめる一団は、一様に涙を流していた。
   | 涙を流していないのは、ただ一人トウ艾。
   | トウ艾は、決意を秘めた視線で、兀突骨をみつめていた。
   |



名探偵 劉曄子揚-外伝 「もう一度、星に願いを」■ 了






 あ、名探偵の出番なかった(滝汗
 名探偵の体裁で書いてるから、名探偵で書いておきます。

 …というわけで、
 月遅れの七夕の夜に、もうひとつの不器用な恋物語を送ります。
 恋物語になってますかね?
 うーん。

Theme:三国志大戦2
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2007-08-07_21:25|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。