Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ICB 13th STAR’S

ども、龍之介です。
ばたばたして、想定外のことがありましたが、
なんとか完成ですw

ICBに参加しております。
名探偵 劉曄子揚をお送りしております。
ええ、いつも通り、
長編:名探偵劉曄子揚の続きになります(汗
いい加減…終わらせないと(滝汗

 名探偵 劉曄子揚-外伝
 名探偵 劉曄子揚-遅れてきた男
 名探偵 劉曄子揚-何も言えなくて、夏
 名探偵 劉曄子揚-鏡の奥の悪夢
 名探偵 劉曄子揚-終末への前奏曲
 名探偵 劉曄子揚-終わらない円舞曲

の続編になります。


ひさしぶりのICBなので、あらすじを。

 ・蔡文姫(UC)が浚われた
 ・溺れてる蔡文姫(SR)を孫策周瑜、関平ぎんぺが救った
 ・成都が、コピー武将軍団に襲撃された
 ・劉曄、コピー諸葛亮を看破(名探偵久々の仕事)
 ・蔡文姫(UC)、于禁に救出される
 ・蔡文姫(SR)が、コピー馬岱に刺される
 ・麦城が襲撃うける
 ・劉曄、ふぬける

そんな感じ、ですね(をい


今回は、

 悲哀天啓の道 -外伝- 少女が街にやってきた

で、引いてあった伏線も絡んでおります。


では、参りましょう。
舞台の幕があがります。




 暗闇から進みでる男-劉曄子揚
 俯いた顔から、表情は伺えない。

   |
劉曄 |「戦争は終わらない円舞曲だ。
   | そう言った男がいました。
   | 戦乱、平和、改革、が踊り続ける円舞曲だと」
   |
   | 額に指を当てる。
   | 顔をあげる劉曄。
   | 疲労が見てとれる。
   | だが、その瞳には力強い意思が灯る。
   |
劉曄 |「果たして、それは正しいのでしょうか?
   | こんな話がありまして」
   |



前奏■

じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃー♪
てけれんてけれん♪
じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃー♪
ぱらっぱっぱーぱー♪
ぱらっぱぱぱぱー♪
じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃんじゃん♪


 タイトルが入る。
 黒バックに赤い文字

 


 -終わらない円舞曲-第二幕



■シーン1■建業、周瑜邸

 時は、前に戻る。
 周瑜邸に、周姫が現れた夜の話。

 周瑜の前に、周姫。
 神妙な面持ちで、周瑜を見る。
 台所から、鼻歌と料理をする音が聞こえるのがミスマッチ。

   |
周姫 |「お父様、話さなければいけないことがあります」
周瑜 |「今更、何を聞いても驚かないぞ」
周姫 |「私は、未来から来ました」
周瑜 |「まあ、そうだろうな…
   | 私とちぃの間に子どもは生まれていないからな」
周姫 |「驚かないのですか?」
   |
   | 微笑む周瑜。
   |
周瑜 |「驚いているさ。
   | …これでも」
   |
   | 大きく肩をすくめる。
   |
周瑜 |「未来から娘が来るということは、ただ事ではないと
   | 思っている。
   | 未来から、来なければいけない理由があったんだろう?」
周姫 |「はい。
   | 私がいた未来は、戦乱の絶えないところでした。
   | 人々が生きるために戦わねばならぬ世界でした」
   |
   | 脳裏に光景を浮かべる周姫。
   | 炎に包まれる建業。 
   |
周姫 |「人々は疑心暗鬼に囚われ、誰を信じていいのか、
   | わからない世界。
   | そんな悲しい時代です」
   |



■シーン2■荒野

 空城を展開して、敵に備えている数人の男女。

   |
女  |「どこまで、この策は持つと思う?」
   |
   | 眼鏡を掛けた美貌の女性が、皆に語りかける。
   | 見たことがない女性だが、どことなく祝融に似ている。
   | どうやら、この一同のリーダーのようだ。
   | 女性は視力が悪いわけではない。
   | 眼鏡は遺品なのだ、そうだ。
   |
羊コ |「もって、半日。
   | それが限度でしょう…」
   |
   | 羊コは、自らの身長以上のライフル銃を整備しながら、
   | 事も無げに答える。
   |
羊コ |「…昔の策、ですからね」
朱拠 |「昔の策でも、兄上の策だ。
   | 効果はある!」
張悌 |「…わかった上で言ってるのですよ、羊コも。
   | 落ち着きなさい、朱拠」
   |
   | うな垂れる朱拠。
   | その肩を優しく抱く小虎。
   |
羊コ |「討って出るか、それとも」
陸抗 |「ここを放棄して、
   | 荊州に向かいますか?」
女  |「荊州に向かえば、何か事態が変わるって、言うの?」
陸抗 |「荊州、麦城には、月英さんが残したもうひとつの遺品があると
   | 聞いたことがあります」
女  |「趙累が封印したと聞いています。
   | アレは人の争いに使ってはいけないものだと」
陸抗 |「今は、人同士の争いじゃないですよ!」
女  |「…人同士の争いよ。
   | 形はどうであれ、ね」
   |
   | 額に指をあてる女。
   | 考え込む。
   |
女  |「アレにだって、意思があるんだから」
   |


 空城の外、警戒に当たる周姫とトウ艾。

   |
周姫 |「これから、私達はどうなるのでしょう?」
トウ艾|「わからん」
   |
   | 周姫の腕の太さにも匹敵する豪槍3本を抱え、
   | 虚空を見据える。
   | 周姫目掛けて、飛んでくる矢。
   | 一本の槍を使い、矢を軽々と払うトウ艾。
   |  
トウ艾|「ふん!」
周姫 |「きゃ! ありがとうございます」
トウ艾|「礼を言う前に、陣内に下がれ!
   | 来るぞ!」
   |


 空城の中へ駆け込んでくる周姫。

   |
周姫 |「敵襲です。
   | 皆さん、出てください!」
羊コ |「半日も持たなかったか…
   | 出番ですね」
朱拠 |「汚名返上させてもらうぜ!」
周姫 |「…朱拠さんは、非戦闘員を連れて、先に離脱してください」
朱拠 |「なんで!
   | 兄上の策は大丈夫だと、この美丈夫に証明せねば、
   | ならんというに!」
周姫 |「言いづらいのですが…
   | 敵は、
   | 朱桓さんです!」
   |   
   | 叫ぶ周姫。
   |
周姫 |「…朱拠さんは、離脱してください。
   | お願いします」
   |
   | 泣く周姫。
   | 羊コは、震える周姫の肩を支えると、朱拠に体を預けた。
   |
羊コ |「ここは、私達が支えます。
   | 解かってくれますね、朱拠。
   | …姫の気持ちを無駄にしないよう、
   | 退路を確保してください」
朱拠 |「お、おう」
   | 
   | 朱拠の隣で、周姫を支える小虎。
   | 周姫の涙は止む気配を見せなかった。
   |



■シーン3■建業、周瑜邸

   |
周姫 |「いつまで泣いていたか、覚えていません。
   | 私が気付いた時には、麦城の近くにいました」
周瑜 |「ひとりで…か?」
周姫 |「皆と供にです」
   |
   | うつむく。
   | 小さく声を絞りだす。
   |
周姫 |「…私ひとりでは、無理でした。
   | お姉ちゃんがいたから…」
   |



■シーン4■戦場、そして


 場所は変わらず。
 空城の中。
 がらんとしている。

   |
女  |「張悌、この眼鏡を託します」
張悌 |「…でも、これは?」
女  |「この場は、僕が支えます。
   | もし、僕が戻らなかった時は、
   | 張悌、あなたが皆を導いてください」
   |
   | 腰に下げた袋に手を伸ばす女。
   | その手を押さえる張悌。
   |
張悌 |「無茶です。
   | 無敵の鎧があると言っても、あれは」
女  |「弱点は、承知の上」
張悌 |「…姉」
女  |「それでも、守るって決めたから。
   | それが僕の使命だから」
   |


 空城の外。

 トウ艾が三本の槍を振るう。
 一本の槍を敵兵目掛け投げ、
 両手に持った槍で、左右の敵を凪ぐ。

   |
トウ艾|「何故、命を粗末にするのか!」
   |
   | 叫ぶトウ艾。
   | 叫び、一の槍を拾うとまた、密集した敵兵の中心に投げる。
   | トウ艾が通った後には、道が出来ていた。
   | だが、その道は、また敵兵が埋まる。
   |
羊コ |「言っても、無駄ですよ、トウ艾!」
   |
   | 空城の上から、ライフルを構える羊コ。
   | トウ艾の死角の兵が倒れる。
   |
羊コ |「それよりも、出すぎです!!」
   |
   | 戦場の中心で派手に舞うトウ艾。
   | 一人孤立している。
   | 羊コを狙う敵兵は、陸抗、沈瑩達が倒していた。
   | 
文鴦 |「俺が連れ戻してくる!」
陸抗 |「駄目です。
   | あなたでは、トウ艾に追いつけません」
文鴦 |「だが、あそこに飛び込んでいけるのは、
   | トウ艾と俺以外にはいねぇだろお!」
女  |「僕がいます」
   |
   | 文鴦の腕を押さえる女。
   | その力は、強い。
   |
女  |「後は、任せますよ。
   | ここは、僕が守るから」
   |
   | 腰に下げた袋から、玉璽を取り出す。
   | 
女  |「…南蛮の自然の英知と!
   | 自然を愛する心が産んだ戦士達の魂よ!
   | 今、僕とともに!!!」
   |
   | 象の背に置かれたつづらが開く。
   | つづらから光が放たれる。
   | 眩い光に包まれる女。
   | つづらから伸びる何本もの蔦が、女の身体に絡みつく。
   | 絡み付いた藤の蔦が、強固な鎧と変わる。
   |
兀突骨|「再起動完了!
   | ごぉーつ・とーつ・こぉーつ!!!」
   |
   | 眩い光に、振り向くトウ艾。
   |
トウ艾|「兀姉、何故!」
兀突骨|「…最初二言ッタヨ。
   | 僕ガ守ルッテ」
   |
   | 兀突骨は、微笑んだ。
   | 表情の見えない藤甲鎧の奥で、
   | 確かに彼女は微笑んだのだと、後にトウ艾は語った。
   |
トウ艾|「守られるほど、弱くはありませぬ!」
兀突骨|「ダカラ、僕ノカワリヲ、マカセレル」
   |
   | 藤甲兵2号、7号、13号がトウ艾の四肢を掴み、象に乗せる。
   | 走り出す象。
   | 力強く走る。
   | 一人敵陣に、残される兀突骨。
   |
トウ艾|「兀姉ェ!」
   |
   | トウ艾を乗せた象は、空城の影に消えた。
   | 大きな爆発音。
   | 爆炎。
   | トウ艾は何も見なかった。
   | この炎も、
   | 兀突骨の、
   | 彼女の最後の姿も。
   |
   | 空城の裏、
   | 兀突骨の残した眼鏡を手に呆然としている張悌。
   | 同じく象に乗ったまま、呆然とするトウ艾。
   | 火を放った犯人、
   | 朱桓は、
   | そこにいた。
   | 火を放つ瞬間は、見た、のだ。
   |
   | ほぼ、同時に動いていた。
   | 一の槍が空を飛び、
   | 張悌の弓が、
   | 朱桓を貫いた。
   | 
トウ艾|「この戦いの果てに、何が見えるというのだ!!!」
   | 
   | 叫ぶ。
   |



■シーン5■建業、周瑜邸

   |
周瑜 |「…泣きたいだけ、泣けばいい」
   |
   | 無言でうなづく周姫。
   | 小喬も、料理をする手を止めて周姫の話を聞いていた。
   | 同じ表情で泣く母娘。
   | 母娘であることを実感する周瑜。
   | 

 (ナレーション:周瑜)
    『だが、誰がこの言葉を信じる?
     朱拠だって信じないだろう。
     まだ生まれていない権坊の娘と結婚すると言っても、な。
     どうすれば、いい。
     時が来るまで、待つしかないのか!?』

   |
周瑜 |「姫、ひとつだけ、聞いてもいいか?」
周姫 |「ぐす…はい」
周瑜 |「私と伯符は、未来にはいたのか?」
   |
   | ひっと声にならない声をあげ、
   | 息を飲み込む周姫。
   |
周瑜 |「いない、のだな?」
周姫 |「はい。
   | おじ様は、私の生まれる前に死んだと聞いてます」
   |
   | 周瑜の顔を見据える周姫。
   |
周姫 |「お父様は、
   | 私が殺しました。
   | …偽者のお父様と一緒に」
   |



■シーン6■成都、諸葛亮邸

 目を覚ます劉曄子揚
 乱暴に、目を擦る。
 そして、声をあげる。

   |
劉曄 |「陳宮君、いるかい!?」
陳宮 |「へい、呼びましたか?」
劉曄 |「呼びましたかって、もう少し気の効いた返事が出来ないかな?
   | 名前を呼んでいるんだし、さ」
陳宮 |「…まあ、いや、その」
劉曄 |「いや、困らせるために呼んだわけじゃない。
   | あれから、どれだけ経った?」
陳宮 |「あれからって?」
劉曄 |「それ以上、僕の口から言わせる気なのかい?」
   |
   | しまったという顔をする陳宮。
   |
陳宮 |「丸二日経っていやす」
劉曄 |「しまったなぁ…
   | …色々と打たなきゃいけない手もあったのに…
   | 状況は、どうなってるの?」
陳宮 |「それが、あっしもばたばたしてて、外のことはあんまり」
劉曄 |「まったく頼りになるね、陳宮君」
陳宮 |「いやーすいません」
劉曄 |「今回は、僕が責めれた立場じゃないけど…」
荀U|「今の状況を説明しますね」
   | 
   | ひっこりと、部屋に顔を出す荀(UC)。
   |
劉曄 |「うん、頼む」
陳宮 |「…いつの間に?」
劉曄 |「口を挟まない」
陳宮 |「へい」
荀U|「いいですか?
   | まず、荊州の麦城が急襲されました。
   | 襲った将軍は不明。
   | 呉軍の旗があったと報告を受けています」
劉曄 |「まず、ってことは、他にもあるんだね」
荀U|「はい。
   | 合肥にも何物かが襲ったと聞いています。
   | 犯人はわかりません」
劉曄 |「さらに、
   | 袁家と同盟を結んでいる烏丸族で反乱が起きて、
   | 西方には匈奴が侵攻してきているってとこかな?」
荀U|「流石、名探偵
劉曄 |「褒めても何も出ないよ」
陳宮 |「悪いニュースばかりでも、ないでさぁ。
   | …あ、あれ?」
劉曄 |「もったいぶらなくていいよ。
   | 何?」
陳宮 |「黄月英さんが偽者を発見するペンダントを作成して、
   | 全国に配りました。
   | すくなくとも、各国の代表の手には渡ってるはずです」
劉曄 |「お、流石は、月英さん」
陳宮 |「それと」
劉曄 |「蔡文姫が救出されたっていうんだろ?」
   |     

 暗転
 一人、スポットライトに照らされる劉曄。

   |
劉曄 |「お待たせしました。
   | 名探偵、ようやく復帰です。
   | 同時に動き出したコピー軍団。
   | 混乱させることで、こちらの動きを封印しようと
   | しているのでしょう。
   | 私にも、そのすべての謎は、まだわかりません。
   | ですが、
   | すべての謎は解いてみせますよ。
   | 名探偵の名にかけて。
   | 劉曄子揚でした」
   |



■シーン9■いつか、どこか

 数人の男女が夜営をしている。

   |
羊コ |「まだ、私達の動きは敵に知れていません。
   | 今が動く時だと」
トウ艾|「…だな」
陸抗 |「だが、私達がばらばらに動いては、
   | 敵か敵じゃないかの区別をつけれません」
文鴦 |「預かった眼鏡だけが頼り、だからな」
張悌 |「どうします?」
トウ艾|「我は、蜀へ向かう。
   | 情報によれば、まだ黄月英殿は健在だ。
   | 彼女が健在ならば、問題はなかろう?」
張悌 |「では、皆で蜀に向かいましょう。
   | 別れるのは、それからでも遅くない」
   | 
   | うなづき合う一同。
   |
小虎 |「早く、周姫お姉ちゃんとも合流できるといいのにね」
   |

 流星が彼らの頭上を流れた。
 流星の正体が、藤甲兵のひとりだということに、
 彼らは気付いていなかった。 



名探偵 劉曄子揚■終わらない円舞曲-第二幕 了





■なかがき

 なんつーか、
 そのー
 未来編は…別の話が書けそうな気がしてきた(汗
 予告なしの援軍として出す予定だったのですが…
 今回のお題に合わせて変更です。

 ようやく復帰して劉曄子揚
 さて、どうなるかな?(私が言うな
 麦城の様子も気になりますし(をい


 皆さんのICBも見てきてくださいねー
 私みたいに、次回につづきはないと思うので、
 安心して読めますよーw








■コラボ参加の皆様方■


●主催

 遼!来来!!超!来来!!
  リョーチョー団長


●同志方々

 酔狂書生は江湖を往く
  神行百変さん

 たまごだっていいじゃない?
  真音さん

 TOM9’s Blog
  TOM9さん

 貴女を侮った、僕の負けです!
  橘生さん

 三国志大戦――我道を行く
  日立さん

 *私を覇王まで連れて行って*
  佐久間りおさん

 二人の舞姫物語
  ダブルSさん


 あと、私、となります。

Theme:三国志大戦2
Genre:ゲーム

comments(6)|trackback(0)|三国志大戦 コラボ|2007-08-05_22:08|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

未来編がすっごく気になるのは私だけではないはず!
名探偵、未来へいくってことで・・・行かない?

正直に言えば、ICBよりも来た瞬間に良太郎が5人も居て感動したw
次回はマウスを上に乗せたら画像が変身する様にしてくださいwww
名探偵復活ですね。
続きが気になるー!!
お疲れ様でした~。

いつの間にタイトルが?!
そして、あらすじありがとうございます。
わかりやすいw

いつのまにか、未来まで巻き込んでる・・・。
そのうち宇宙までいきそうな気配w
ごっくん(ついくんをつけてしまうw)は探偵ものには欠かせませんね(マテ
ICBお疲れ様でした。

毎度ながら続きが気になりますね。
そして、またまたウチのアレが!?設定使って頂き有り難う御座います。

やはり、現代組と未来組が合流するのでしょうか?
時を超えろ 空を駆けろ この星の為・・・ってことでおひとつ(コラ
お疲れ様でしたー!
劉曄復活ですね(゚∀゚)
続きはホント、どうなるんだろう・・・v
あ、っと、タイトル画像使われてるw
やっぱ渋くて素敵です(●´∀`●)
れす
>皆様
お疲れ様でしたw

>朋友
未来編は…苦肉の策なんですよ(汗
私が書いている話は、基本的に同じ世界観のうえになりたっているということで書いているので。
…無理ですよw
私には、フラッシュの知識ないんですってw

>橘生さん
復活です。
復活した割に…活躍してませんが(汗

>真音さん
ふふふ、タイトルは作っていたのですよw
驚けェ(をい
兀姉、もしくは、ごっちゃんのほうがいいかなーw
宇宙には行かないですよ(多分

>神行百変さん
アレの設定をお借りしてるのですが…
出ないような気がしてきています(汗
合流は…早速したような…
君は見たか、愛が真っ赤に燃えるのを、ですなw
さあ、誰に世紀王になってもらおうか(をい

>佐久間りおさん
ふふふ、ぼちぼち進めていきますよw
半月に一度は…進むと思いますよ(他力本願
ありですw
やっとこさ、使ってますよw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。