Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

名探偵 劉曄子揚 終末への前奏曲

ども、龍之介です。

久しぶりに、名探偵 劉曄子揚の続きをお送りします。

前回までの経緯は、こちらを参考にして下さい。


では、参りましょう。
舞台の幕があがります。







前哨■

 暗闇の中、スポットライトが照らされる。
 何もない虚空。
 光の中に歩み、現れる長髪の男…劉曄子揚

   |
劉曄 |「ご無沙汰しております。
   | 劉曄子揚です。
   | もう桜の咲く季節になりましたか?
   | 月日が遷り変わるのは早いものです。
   | 人の心も変わるもの…なのでしょうか?
   | え、私ですか?
   | 私の場合は」
   |





前奏■

じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃー♪
てけれんてけれん♪
じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃー♪
ぱらっぱっぱーぱー♪
ぱらっぱぱぱぱー♪
じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃんじゃん♪


 タイトルが入る。
 黒バックに赤い文字




名探偵 劉曄子揚 - 終末への前奏曲



シーン1■桜

 桜の木を見上げる劉曄。
 風に舞うひとひらの桜の花びらを手にとる。

   |
劉曄 |「…僕は、なれたんですかね?」
   |

 手を開く。
 潰れていない花びらがひとひら。
 花びらに涙が落ちる。



シーン2■諸葛亮邸にて

 まだ、野戦の慌しさが止まらない諸葛亮邸。
 衛兵が慌しく駆け回っている。
 倒れている諸葛亮(SR)の前には、
 劉曄、蔡文姫(SR)、裴元紹(♀)、馬超(SR)。
 陳宮と牛金(♀)の姿はない。

   |
裴元紹|「すいませんでした、諸葛亮様」
   |
   | 平謝りする裴元紹(♀)。
   |
孔明S|「いや、私は大丈夫だ、安心してくれていい」
劉曄 |「一人はぐれて、頭を叩かれて倒れたのは、どなたですか?」
孔明S|「…私だ」
馬超S|「で、倒れたまま、裴元紹の尻を触ろうとしたお方はどなたでしたっけ?
   | まあ、裴元紹が謝ることはないって、思うわけよ、俺は」
裴元紹|「でも、その、あの」
   |
   | 照れる裴元紹。
   | 苦笑いする諸葛亮(SR)と、馬超(SR)。
   |
馬超S|「ま、無事だったから、いいとするかね」
孔明S|「…よくない」
馬超S|「丞相がよくないって認めてくれれば、裴元紹も気が楽になりますし。
   | そりゃ、それにこしたことはないさ」
孔明S|「違う…そうではないのだ」
   |
   | 小さく、言葉を搾り出す諸葛亮(SR)。
   |
孔明S|「あれは…妻だったのだ。いるはずのない、妻だったのだよ」
馬超S|「いるはずのないって、どういうことよ?
   | さっき擦れ違ったてば、俺」
裴元紹|「私達もお屋敷に招いて戴きましたし」
   |
   | 隣でうなづく蔡文姫(SR)。
   |
馬超S|「じゃあ、俺達が見た黄月英は?」
劉曄 |「答えはさっき、馬超さん自身が言ってましたよ」
   |
   | 額に指を当てる。
   |
劉曄 |「俺の偽者もいたって」
   |



シーン3■成都

 あちらこちらで炎があがっている。
 ただ、それも一時のようだ。
 どこかで、男の声がしたと思うと、炎は一つ一つ押し流されていく。
 鎮火は、もうすぐだ。

   |
劉備S|「…一体、何が起こってるんてんだ?」
月英S|「客観的なことから話します。
   | 偽者が現れました」
   |
   | 指を折って数える黄月英(SR)。
   |
月英S|「亮ちんの偽者と、馬超さんの偽者、趙雲さんの偽者、王平さんの偽者」
劉備S|「それと、徐庶の偽者、だな」
月英S|「はい」
劉備S|「何故、現れた?って聞いても分からないよな」
月英S|「はい。
   | でも、偽者か、本物かを見極めることは出来ます」
   |
   | 眼鏡をくいと直す。
   |
月英S|「偽者には、普通のひととは違うオーラを出しています。
   | オーラ分析器を使って貰えれば…大丈夫です」
劉備S|「俺が纏っている金のオーラとかを見極める発明品、だったかな?」
月英S|「はい、それです。
   | 偽者には、金でも、銀でも、黒白とも違うオーラを持っているんです。
   | 誰でも扱える発明品にするには…少し時間がいりますけど」
劉備S|「なるべく早く頼む。
   | 早くしなければ…混乱が大きくなるだけだぜ」
   |
   | 腕を組む。
   |
劉備S|『と言ったものの、俺の偽者が現れれば…こんな騒動ではおさまらねぇ!
   | どうすりゃいいんだ!?』
   |



シーン4■???

 何処かの砦の中、二人の男が歩く。
 手にした松明の灯りは小さく顔は見えない。

   |
男2 |「…」
男1 |「…ぬしは黙っておれ、わしが独断でやってることじゃ」
男2 |「…」
男1 |「…わかっておるよ、自分のしとることは」
   |
   | 男1の手には鍵の束。
   | 鉄格子に手をかける。
   |
男2 |「ぬわっしゃしゃい!」
男1 |「ぬしだって、わかってるんだろ、李通?!
   | 郭のしとることの不条理を!」
   |
   | うな垂れる男2=李通。
   | 炎が大きく揺れる。
   | 炎に照らされる男1=于禁。
   |
于禁 |「ただ、のぅ、わしも思い出したんじゃ。
   | 娘の踊りが好きだったことに、の」
   |
   | 鍵を開ける。
   |
于禁 |「おるか、蔡ヨウの娘?」
蔡文姫|「ふぁ~あ」
于禁 |「寝ておったのか?」
蔡文姫|「うん、果報は寝て待てっていうし」
于禁 |「まったく、…らしいわい」
   |
   | 笑う于禁。
   |
于禁 |「さあ、急ぐぞ、娘」
蔡文姫|「待って! もう一人いるの」
于禁 |「もう一人? 誰が?」
   |
   | 牢の中の暗闇を指差す蔡文姫。
   | 松明をかざす李通。
   | そこにいたのは女性。
   | そこにいるはずのない女性。
   | 名は、郭皇后。
   |


シーン5■??

 何処かの砦の中。
 広間に司馬懿(R)と張春華(SR)がいた。
 司馬懿(R)と張春華(SR)の前には、腕を負傷した徐晃。

   |
張春華|「…もうすぐね、あなた」
司馬懿|「…」
張春華|「私達の…ふふふ」
   |
   | 司馬懿(R)は微動だにしない。
   | 広間に伝令が来る。
   | 張春華(SR)に耳打ちをする。
   | 張春華(SR)は妖艶な微笑を浮かべた。
   |
張春華|「…残念だったわね、徐晃」
徐晃 |「何が、だ?」
張春華|「あの鳳凰の髪飾についていた血は…あなたの血だったのよ」
   |
   | 指を鳴らす張春華(SR)。
   | 広間に姿を見せる徐晃(ver1)。
   | 手にした斧を構える。
   |
   | ※以後、以前からいた徐晃を徐晃(ver2)、徐晃2と表記。
   |
徐晃2|「どんなカラクリだ? そいつは!」
張春華|「死ぬ人間が知る必要はないわ」
徐晃2|「そいつは、残念だ。
   | だが、負けずの徐晃の名は伊達じゃないってな!!」
   |
   | 大きく声を張り上げる。
   | 声に反応して、大きく砦に衝撃が走る。
   | 広間の壁に、大きな穴が空く。
   |
張春華|「何、一体!」
徐晃2|「言う必要はねえな、あばよぉ!」
   |
   | 脱兎の如く、空いた穴に身を躍らせる徐晃。
   | 徐晃が穴から飛び出すと同時に、砦に衝撃が走り、穴が塞がる。
   |
張春華|「逃げられるなんて…思わないことよ」
   |
   | 爪を噛む張春華(SR)。
   |



シーン6■諸葛亮邸

 騒動は大分、治まっている。
 広間には、諸葛亮(SR)、黄月英(SR)、劉備(SR)、孫尚香(SR)、
      趙雲(SR)、馬超(SR)、裴元紹(♀)。
 そして、我らが名探偵劉曄と、蔡文姫(SR)。 
 外に象と戯れる子ども=兀突骨が見える。

   |
劉曄 |「では、話させてもらいます。
   | 皆さん、よろしいですか?」
   |
   | うなづく劉備(SR)他、一同。
   |
劉曄 |「今回の犯人は…わかりません」
馬超S|「おいおい、じゃあ、何を話すってんだよ」
劉曄 |「…目的、ですよ」
孫尚S|「目的とな?」
劉曄 |「今回の目的は…ただひとつ」
   |
   | 諸葛亮(SR)を指差す劉曄。
   |
孔明S|「私の命、か?」
劉曄 |「残念ながら、命ではありません。
   | 貴方の命を奪ってからでは、レプリカは作れませんから。
   | 視線を前線のコピーに向けて、その隙をつくそれが今回の作戦だったのですよ」
孔明S|「むぅ」
   |

   |
   | 趙雲(SR)に耳打ちする馬超(SR)。
   |
馬超S|「相棒、なんなんだ、そのコピーとかレプリカって?
   | 俺、横文字は苦手なんだよ」
趙雲S|「知らん」
馬超S|「おい!」
趙雲S|「敵、だろう?
   | 他に知るべきことは相手のこと、つまりは自分と自分達の戦い方、じゃないのか?」
馬超S|「そ、そうだけど、よ」
   |
   | 腕組みをする馬超(SR)。
   | ナレーション:馬超(SR)。
   |『ってことは、俺は、昔のテメェの相手をしにゃならんのか? 冗談キツイぜ』
   |

   |
劉備S|「なあ、俺にも判るように、コピーとレプリカの説明をしてくれないか?」
劉曄 |「あ、すいません。
   | コピーは、意思が甘く上官に指示されたことしか出来ません。
   | 私が問答に引きこもうとしても、話を聞く耳を持たないのです」
   |
   | 王平(ver1)の姿を脳裏に浮かべる劉曄。
   |
劉曄 |「これは仮定の域ですが、直接の情報を得られなくても、
   | コピーを作成することが出来るようです」
劉備S|「蜀のコピーが多かったのは」
劉曄 |「蜀のことをよく知る人間が、向こう側にいるということでしょう」
劉備S|「厄介だな」
劉曄 |「ええ。
   | レプリカですが、ここにいる文姫さん。
   | 蔡文姫と、諸葛亮さんを襲った黄月英、この2人です」
劉備S|「そうか」
   |
   | うなづく劉備(SR)。ワンテンポ置いて驚く。
   |
劉備S|「なんだって!」
劉曄 |「大丈夫です、文姫さんは敵じゃない」
劉備S|「何故、それを言い切れる!」
月英S|「…彼女の意思に嘘はありませんでしたから、大丈夫ですよ、劉備様」
劉備S|「そうかなら、大丈夫だな」
   |
   | 黄月英(SR)には生まれつき備わった超能力がある。
   | 超能力で、相手の心を読み、オーラを感じる。
   | 故に、超能力がない誰でも理解でき、使用出来る発明を志したのだ。
   |
文姫S|「ここからは、私がお話しましょう」
   |
   | 皆の前に、一歩足を踏み出す蔡文姫(SR)。
   | 一歩足を踏み出した蔡文姫(SR)を、白刃が貫いた。
   | 崩れ落ちるように倒れる蔡文姫(SR)。
   |
文姫S|「かはっ!」
劉曄 |「文姫さん!!」
   |
   | 蔡文姫(SR)を抱きかかえる劉曄。
   | 白刃を持つ男-馬岱(ver1)を睨む。
   |
馬超S|「テメェ、いつから、そこに!」
馬岱1|「ずっと、潜んでましたよ。
   | ずっと、ここに…」
   |
   | 笑う馬岱(ver1)、最後の言葉を言い終わる前に、
   | 馬超(SR)の槍と、趙雲(SR)の剣が馬岱(ver1)を切り裂いた。
   |
   | 暗転
   |
劉曄 |「文姫さん! 文姫さん! 文姫さぁん!!!」
   |
   | 絶叫
   |


名探偵 劉曄子揚■終末への前奏曲 了






■あとがき

いつも通り、引張って終わる(こら


…文姫さん(T-T)



予想外の展開に驚いている龍之介でしたorz
プロットと違う展開になっちまったんですが…どうしますかね…






次回予告■女神達の円舞曲

   |
馬岱D|「ちぃい! 遅かったのかよぉ!!」
   |

   |
???|「ほぉ、面白い。こんなところで、イレギュラーを見つけるとは、な」
牛金♀|「ぶもぅ!!!」
???|「俺を許さんか、それもまた一興」
   |

   |
劉曄 |「僕は! 僕自身を許しません。他の誰かが許しても!」
   |
   | 劉曄を平手打ちする陳宮(C)。
   |
陳宮 |「それじゃあ、これから、他の誰かを救っても、文姫さんが救われねえじゃないですか」
劉曄 |「陳宮くん…それでも、僕は」
   |
comments(1)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2007-06-30_06:41|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。