Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

悲哀天啓の道 -外伝- 江東亭のクリスマス

 江東亭は今日も大忙し。
 慌ただしく人々が動き回ってます。
 だって、今年の江東亭は雪景色だから。
 気まぐれな仙人のちょっとした計らいで、白い景色が江東亭でも見られます。
 観光客も驚いてますけど、喜んでいる見たいです。
 やっぱり江東亭は大忙しです。
 「しゃきっとせんか」
 江東亭を若女将 大喬さんに任せて、隠居している呉夫人さんも手伝いに加わってます。
 普段のばたばた状況では手伝いに来てくれることありません。
 やっぱり、いつも以上のばたばたのようです。
 「てめぇら、やっちまいな」
 呉国太さんの掛け声で、大広間の準備が開始されます。
 私もわたわたと準備に加わります。
 曹魏から大人数の旅行客ご一行が来ているみたい。
 何人の人が来てるのか、私は知らないけど…沢山なんだよね、きっと。
 「母上、私に手伝えることはあるか?」
 「里帰り中だと言うのに悪いな、尚香」
 「私だって、江東亭で育ったんだもの。こんなのへっちゃらよ」
 忙しいけど、なんとかなりそうな気がしてきました。


-悲哀天啓の道-外伝-江東亭のクリスマス-


 時間は少し遡る。
 江東。
 江東亭からは、かなり離れた山奥。
 仙人 于吉と対峙する若者 孫策。
 「爺さん、そろそろ、終わりにしようぜ!」
 「ほっほうー」
 剣を抜く孫策。
 「坊主や、ここでのんびりしててもいいのかえ?」
 「何を言ってやがる!
  今まで、オレをからかったことを今日と言う今日は後悔させてやるんだってば、よ!」
 「慣れない長科白は言うもんじゃないのぉ」
 「黙れ! 爺さん!」
 「…黙っててよいのかのぅ?」
 笑う于吉。
 「そろそろ、頃合じゃて」
 印を組む。
 「ほっほぅー、変われ!」
 対峙したまま、沈黙する孫策。
 雨は降らない。
 「…爺さん、とうとう、ぼけたか?」
 「ぼけておらんわ! とくと見よ!」
 空から、柔らかい白い塊が降ってくる。
 淡い雪ではなく、しっかりとした雪の塊が降る。
 「雪!?」
 「ほっほうー、江東ではなかなか雪は降るまいて。
  南国育ちの坊主には耐えられるかのぉ?」
 「平気だ!」
 見る見るうちに、周りの景色が白く染まっていく。
 「主が平気でも、まわりは困るじゃろうなぁ。
  雪に紛れて、敵が迫ってくることを想定はしてないだろうしのぉ」
 「爺さん!」
 雪の紛れるように姿が消えていく于吉。
 「待て! 爺さん!!」
 ほぉほぉほぉ。
 笑い声とともに、于吉は消えていった…


 「泊めて貰えるかのぉ」
 お客様が見えたようです。
 「こんな雪の中、大変でしたね」
 「まあ、そう大変でもないて」
 ほっほぅ、と笑う。
 「女将さんを呼んできますので、ちょっと待って下さいね」


 「すいません、奥様にまでお手伝いをお願いしてしまいまして」
 「なあに、いいってことさ」
 笑う劉備玄徳。
 「オレが止めたって、尚香が手伝うと決めた以上は聞かないし、な」
 「そう言って貰えると助かります」
 同じように笑う大喬。
 「あ、あの」
 「なあに?」
 「女将さん、お泊りのお客様がお見えになりましたけど」
 一瞬、?と言う顔をする大喬。
 「ああ、行ってくれていいぜ。
  尚香が戻るまで、ちびちびやってるからよ」
 「すいません。それでは失礼します」 


 雪道を疾走する人馬。
 雪道でなければ、その速度は神速の域に達するであろう。
 ただ悲しいかな、彼の愛馬、疾走駿馬は南国、江東育ち。
 雪道を走ることに慣れていない。
 ついには、雪に足を取られ、どうと倒れる。
 雪道に投げ出される孫策。
 素早く立ち上がる。
 健気にも主人の前に立ち上げる愛馬。
 悲しいかな、足の腱を痛めていた。
 歩くことも、ままならない。
 「大丈夫か!?」
 「ひひーん」『孫策様もう私は走れません。ここに置いて行って下さい』
 涙を浮かべる愛馬。
 「ひひーん」『私のことは忘れて、奥様の元へ向かって下さいませ! お願いします!』
 「そうか、お前も大のことを心配してくれているんだな…」
 涙を流す孫策。
 愛馬を撫でる。
 そして、
 よいしょと愛馬を背負う。
 「これからも、俺達で大を守ってやろうな!」
 「ひひーん」『嬉しいです、孫策様。嬉しいから、おろして行って下さいませ。私を背負っては…』
 ちなみに、孫策は馬語を理解出来ない。
 「さあ、いくぜ!!!」
 「ひひーん」『やっぱり間違ってますよぉ、孫策様ぁ』
 愛馬を背負い、孫策は走る。
 そう、これが、逆境だ!


 「あれ? さっきまで、ここにお爺さんがいたんですけど」
 尋ねてきた客の姿はない。
 大喬宛の封筒が落ちているだけだった。
 「変ですね?」
 「…変じゃないのよ」
 封筒を拾う。
 「これはね、いたずら好きなお爺ちゃんのプレゼントだと思うから」


 「大喬!」
 雪景色の中、駆け込んでくる男…孫策。
 大喬の姿を見かけると愛馬を降ろし、大喬に駆け寄る。
 「大丈夫だよ、策ちゃん」
 孫策の胸に飛び込む大喬。
 「おい、こんなところで」
 「だから、大丈夫だよ」
 封筒の中身を、孫策に見せる大喬。
 『Merry Christmas -ukitu-』
 苦笑いする孫策。
 そして、優しく大喬を引き寄せた。
 重なる影、静かに雪が降る。



 白く静かな聖なる夜。
 全ての恋人達に
 優しい
 …祝福を。
 メリークリスマス。


 -了-


今年は、
静かにホワイトクリスマスを祝いますw
メリークリスマスw

聖夜にあなたの隣にいれない私から
祝福と愛を込めて

Theme:三国志大戦2
Genre:ゲーム

comments(5)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2006-12-24_01:05|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

そ、そうか
EX誕生には于吉の粋な計らいが・・・って、おいw
最近外伝は策x大ですね
周x小は今日はお休みですか?

ホワイトクリスマス、いい響きですがなったことなんか無いなw
クリスマスイブのやさしいお話ありがとうございました。
私もクリスマスの話を書こうと思いましたが、この時期ダブルSとマネージャーとディレクターとADは忙しいようです(w

こっちは、雪が降らなかったです。
朝早く起きるのつらいから、雪は降って欲しくないですね~。
れす
>TOM9さん
EXネタをやるつもりはなかったんですが…

愛馬がね、可愛くなったんで、ついw(こら
ホワイトクリスマス?
…なったことないですよ、私もw


>真音さん
忙しいみたいですw
去年は、名前を伏せてSSを投稿してくれた相棒は、今年静かでしたからw
暖冬なんですねぇ(しみじみ
雪が降らない地方なんで…たまには降ってもらいたいんですけど…
その後、運転は…スルーしたいです、はい(汗



■おまけ■

 雪の中を駆ける少女。
 遠くから見守る美丈夫と、こちらもまた少女。
「おとーさまー、おかーさまー」
 少女は遠くから手を振る。
「周瑜様、姫も雪を見るのは初めてだそうですよ」
「ちぃだって、初めてだろう?」
「うん…そうだけど」
 さっきまで、小喬も同じように娘と雪の中を駆けていた。
 一度、すってんと転んだ後は、周瑜の傍を離れずにいる。
「…だって、あんなに冷たいと思わなかったし」
「今も冷たいかい?」
 小喬の小さい体を後ろから抱き寄せる。
「ううん…あったかい」
 まだ雪は降り続いていた。
 聖なる夜は優しい時間を積もらせていく。
 雪は寒さと引き替えに、大事な大事な時間を作ってくれた。
 父母の姿を見ると、それを実感する。
 私は、このことを忘れない。
 たとえ、…未来に戻る日があったとしても。

 -了-


え、あ、こんなところで伏線貼るなって?
あははははw(笑って誤魔化します
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>れすれす
>ななしさん
okですw
…というか、お世話になりましたw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。