Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ICB 11TH SHOWTIME

ども、龍之介です。

今回もICBに参加しております。
…相変わらず、名探偵 劉曄子揚をお送りします。


 名探偵 劉曄子揚-外伝
 名探偵 劉曄子揚-遅れてきた男
 名探偵 劉曄子揚-何も言えなくて、夏

の続編になります。
読まなくてわかるような努力はしていますが…
読んだほうがわかりやすくなっております。


さて、舞台の幕が開きます。




前哨■

 暗闇に立つ長髪の男。
 誰に話しかけるともなく語りだす。

   |
劉曄 |「鏡を見たことはありますか?」
   |
   | うなづく劉曄。
   |
劉曄 |「ええ、その鏡です。
   | あなたは鏡に映る自分の姿に違和感を感じたことはないですか?
   | 自分が映っているはずなのに、何か自分ではないような違和感。
   | 鏡に映っているのは…他の誰かなのかも知れませんよ。
   | え、ありえないって?
   | こんな話がありまして」
   |




前奏■

じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃー♪
てけれんてけれん♪
じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃー♪
ぱらっぱっぱーぱー♪
ぱらっぱぱぱぱー♪
じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃんじゃん♪


 タイトルが入る。
 黒バックに赤い文字




名探偵 劉曄子揚




シーン1■事件は静かに起こる


 様々な機械や工具が置かれた部屋。
 歯車が音を立てている。

 孟達が静かに部屋の中に入る。
 歯車の音にかき消され、足音は聞こえない。

 中の様子を伺う。

   |
黄月英|「うん、これをこうして…、亮ちんってば、驚くぞ」
   |

 独り言を言いながら作業をしている黄月英(SR)。
 考え込む孟達。
 視線を下げた先には、一つの小槌。
 孟達は拾いあげると、黄月英の頭に小槌を振り落とした。
 倒れる黄月英。

   |
孟達 |「悪く思うなよ。
   | …魏に下る手土産を要求されているんでな」
   |

 手にした小槌を落とすと、机に置かれた設計図を探し始める。

   |
黄月英|「そこにある設計図よりも…私を連れていったほうが、
   | 確実だと思わない?」
孟達 |「…!!」
   |
   | 驚く孟達の口を押さえる黄月英(UC)。
   | 孟達の耳元で囁く。
   |
黄月英|「悪い話じゃないと思うけど?」
   |
   | 孟達は一口唾を飲み込み、うなづいた。
   |



シーン2■旅立つ名探偵一行


 朝。
 海の家ZOの前。
 名探偵一行と蔡文姫、そして、祝融が話をしている。

   |
劉曄 |「今回は何から何までありがとうございました」
   |
   | 頭を下げる劉曄。
   | 隣で同じように頭を下げる蔡文姫(SR)。
   | 二人の後ろには二日酔い気味の陳宮と牛金(♀)。
   |
祝融 |「いいのよ」
劉曄 |「…でも」
祝融 |「そうねぇ、じゃあ来年の夏にでも遊びに来て」
劉曄 |「はい、そうさせて貰います」
   |
   | 微笑む祝融。
   |
祝融 |「ホント素直でいい子ね、名探偵クン」
   |
   | 真っ赤になる劉曄。
   |
劉曄 |「誰に聞いたんですか!」
祝融 |「大喬に聞いたのよ。
   | 甄がね、そう話していたんだってね」
劉曄 |「江東亭に甄皇后は寄ったんですか?」
祝融 |「そうじゃないみたい…。
   | でも、呉に寄ったのは確かみたいね」
劉曄 |「大喬さんは?」
祝融 |「もう帰ったわよ」
陳宮 |「じゃあ、呉に向かいやすか、劉曄様」
劉曄 |「いや、蜀に向かう」
   |
   | 蔡文姫を見る劉曄。
   |
劉曄 |「今は…文姫さんのことを知らなきゃいけないんだ。
   | だから、黄月英さんのところに向かう」
陳宮 |「いいんですかい?」
劉曄 |「いいんだよ。…文姫さんと決めたことだから」
   |
   | うなづく蔡文姫。
   |
蔡文姫|「…今の私も何処かにいるはずなんです。
   | 自信はないんですが…記憶が残っていますから」
劉曄 |「黄月英さんは、ある程度の意思を読める力があるから、
   | 過去を…溺れる前を読んで貰うつもりなんだ」
陳宮 |「本当にいいんですかい!」
   |
   | 陳宮の語気は荒い。
   |
劉曄 |「いいんだよ、陳宮君。
   | …ありがとう」
   |
   | うつむく陳宮。
   | 微笑む劉曄。
   | 劉曄の隣で、蔡文姫も微笑んでいた。
   |



シーン3■前略、道の途中で


 大きい象が、道なき道を走る。
 その背には、子ども。
 よく日焼けした姿に中性的な容姿。
 遠目には性別の区別がつかない。
 象の背には、大きなつづらも背負っていた。
 象が薙ぎ倒した後をついて行く名探偵一行。

   |
???|「ぱおーん」
   |
   | 子どもが象のうえで声をあげる。
   |
陳宮 |「劉曄様、あんな子どもがボディガードになるんですかねぇ」
劉曄 |「祝融さんが道案内と、ボディガードって言ってくれたんだ。
   | 疑っちゃだめだよ、陳宮君」
陳宮 |「でも、どうみてもあれは、どこをどう見てもガキですぜ?」
牛金♀|「ぶもぅ」
陳宮 |「そりゃ、関羽の娘とか子どもとは思えねえ武人もいるけどなぁ、牛金」
劉曄 |「そうじゃなくても、こうして道なき道を進むほうが、
   | 道を塞がれる心配はなくなるよ」
   |
   | 劉曄の騎馬には、蔡文姫が同乗している。
   | 静かに劉曄の背中にしがみついている。
   |
劉曄 |「危険は、避けるのが一番だよ」
   |



シーン4■事件は…ひとつとは限らない


 蜀、都から少し離れた諸葛家へと続く道。
 道には蜀の兵。
 諸葛家へと、理路整然と進んでいく。

   |
諸葛亮|「趙雲、馬超、準備はよいか?」
   |
   | 陣列の最後に諸葛亮(R)。
   | 趙雲(R)、馬超(R)に支持を出している。
   | 二人の後ろには、王平と馬岱が控える。
   |
趙雲 |「はっ、何なりとご命令を!」
馬超 |「腕がなります」
諸葛亮|「頼もしいな。だが、二人が本気を出すまでもあるまい」
   |
   | 扇子に顔を隠し笑う。
   |
諸葛亮|「我が家に立て篭もった賊を追い出すだけのこと、ですからね」
   |
   | 音を立てて、攻城兵器が進む。
   |


 一方、諸葛家。

 堀に囲まれた現在では、門を破る以外に突破口はない。
 門を締め、屋敷に立て篭もる諸葛亮(SR)と黄月英(SR)。
 門の裏側には、陳到mkⅡと陳到mkⅢが詰める。
 
   |
黄月英|「…亮ちん」
諸葛亮|「大丈夫だ、月英。
   | 成都に伝令は送った、すぐに誤解は解かれるよ」
   |
   | だが、妙だ、と心の中で続ける諸葛亮。
   |
黄月英|「…何が妙なの、亮ちん」
諸葛亮|「いや、なんでもない」
   |
   | 黄月英の頭を撫でる。
   |
陳到Ⅲ|「丞相サマ、敵ノ将ガワカリマシタ。
   | オドロキマシタヨ!」
諸葛亮|「馬謖、それ以上、言う必要はない」
陳到Ⅲ|「エッ?」
諸葛亮|「私の敷く陣をあそこまで真似れる人間は…
   | …私以外にはいないだろう?」
   |


 一方、成都。

 劉備の私室。
 徐庶(R)と劉備(SR)が二人で話をしている。

   |
劉備 |「よく戻ったな、徐庶。
   | どうだ、魏の生活には慣れたか?」
徐庶 |「いえ、…それがあまり。
   | 劉備様の元が一番でございます」
劉備 |「そんなこと言うな。
   | 曹操殿も女好きだが、そんな悪い奴じゃないぞ」
徐庶 |「…それが、最近目に余るのでございます」
劉備 |「徐庶お前らしくもない」
   |
   | そう言って、劉備が笑った。
   | 劉備が笑った頃だろうか、外で物音がした。
   | 部屋の障子を開ける徐庶。
   | 私室の前に鎧を着た女が立っていた。
   | いざと言うときの脱出用の通路を抜けてきたようである。
   | 
徐庶 |「曲者か!」
劉備 |「違う、静かにしろ、徐庶」
   |
   | 女は劉備の声を聞き、表情を崩す。
   |
???|「…劉備様、軍を止めて下さいませ。
   | このままでは」
徐庶 |「誰か! 誰か、居らぬか!!」
劉備 |「おい、聞こえぬではないか、黙れ!」
徐庶 |「いや、しかし、殿が丸腰の所にこのような得体の知れぬ女が入られたのでは!」
   |
   | 弓を構え、現れる孫尚香。
   |
孫尚香|「いかがしたか、徐庶殿」
徐庶 |「曲者が、ここに!」
   |
   | 鎧の女を指す徐庶。
   | 女を見る孫尚香。
   | 表情は変わらず、険しいまま。
   |
劉備 |「そいつを黙らせろ」
孫尚香|「はっ!」
   |
   | 弓を徐庶に構える孫尚香。
   |
徐庶 |「殿!? 何故、私に弓を」
劉備 |「お前が偽者だからだ」
徐庶 |「何をおっしゃる、劉備殿」
劉備 |「徐庶ならば、陳到を知らぬわけはない!
   | 語るに落ちたな!」
   |
   | いきなり爆発が起きる。
   | ひるむ劉備。
   | 背を向けた一瞬、短剣を取り出す徐庶。
   |
孫尚香|「玄徳!!!」
   |
   | 爆発。
   |



シーン5■燃える成都

 道なき道を進む名探偵一行。
 日が沈む頃、成都を望む山腹に差し掛かる。
 夕日で赤く染まる成都、ではない。
 燃えている成都が見える。

   |
陳宮 |「劉曄様!!」
劉曄 |「見えている!
   | 一体、何が起こっているんだ!!」
   |
   | 目を伏せる蔡文姫。
   |
蔡文姫|「…遅かったのね」
   |

 暗転、一人残される劉曄。

   |
劉曄 |「燃える成都。
   | このタイミングでクーデーターが実行されたのは、
   | 偶然ではありません。
   | 犯人は静かに、慎重に、行動の時を待っていた。
   | そういうことなのです。
   | そして、今、行動に移したのには、理由があります。
   | それは、計算外の人間がいたからに過ぎません。
   | 文姫さん。
   | 答えを巡る最後のカードは、私の手元にあります。
   | 劉曄子揚でした」
   |



■名探偵 劉曄子揚『鏡の奥の悪夢』 - つづく






というわけで、つづきます(をい

次回のICBでお逢いしましょうw
というか、ICB前に続きを書くようにします(予定

他の皆さんは、
『つづく』のない完結している話なので、安心して読めますので…見に行って下さいねw



■首謀者
遼!来来!!超!来来!!
リョーチョーさん

■同志方々
三国志大戦・覇王の大徳♪
冬弥さん
TOM9's Blog
TOM9さん
不思議なダンジョン 62階
すしさん
千里眼&黒い人の ―蹴散らせ―
千里眼さん
別冊観賞魚と書物の日々 五絶三国志
神行百変さん
桃園の幻…それは夢
豚足の貴公子さん
へたれ君主の大号令
風呂気温さん
龍火の趣味の部屋~三国志大戦~
龍火さん
noeinの三国志大戦記
noeinさん
たまごだっていいじゃない?
真音さん
三国志大戦Blog~集結せよ!~
うすたさん
三国志大戦――我道を行く
日立さん
白麗の執務室
白麗さん
蜀軍のススメ
東風さん
ユラナギ
やぎさん
ぽんこつ飛天覇王 黒飛―弾丸集団突撃2―
黒飛さん
取らぬカードの皮算用
葉桜さん
三国志大戦2下克上ブログ
むつーさん
貴女を侮った、僕の負けです!
橘生さん
ゆるゆる行こう~?
ハザンさん
晃の三国志大戦日記 ~力を見せよ!~
晃さん
*私を覇王まで連れて行って*
佐久間りおさん


え、あれ、黒飛さんもいる?w(驚
つか、黒飛さん参加してると驚いてない>私






次回予告■


 黄月英(SR)と向き合う蔡文姫(SR)。

   |
蔡文姫|「すべての答えは…私の記憶の中にあります」
黄月英|「いいの?」
蔡文姫|「覚悟は出来ています。…子揚ちゃんに逢った時から」
   |


 馬超(R)と対峙する馬超(SR)。

   |
馬超S|「一度戦ってみたかったんだよなぁ、俺と!」
馬超R|「我が修羅に勝てると思うてか!!」
馬超S|「…それが勝てるんだな、俺はヒーローだからな」
   |


 闇の中、扇子に顔を隠し笑う男。

   |
???|「ふふふ。
   | これこそ、人心を惑わす策士の術」
   |


 額に指をあてる劉曄。

   |
劉曄 |「私は…この事件を解決します。
   | 名探偵の名にかけて!」
   |

Theme:三国志大戦2
Genre:ゲーム

comments(6)|trackback(0)|三国志大戦 コラボ|2006-09-04_23:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ICBお疲れ様です
陳到mkⅢ…諸葛亮が「馬謖」と言ったのは中身は馬謖という事なのでしょうか?
もし、そうならば…暑そうですねぇ(そこかよ!)
そして、女陳到…今も偶に某所某スレで見かけます

続きがとても気になりますね…期待しています
お疲れ様でした
と言っていいのかな?
まだ続きがあるみたいなので・・・。

月英ちゃんにそんな能力があったなんて・・・。
ぱおーんと言ってるのは龍之介さんですか?

今回はシリアス満載ですね。
続きが気になる~。
ICBご苦労様です。

今回はシリアス満載の急展開!?ですね。
私のように強引にではなく普通に連続ものとして続けられるのは凄いと思います。
続きも、期待しております。
毎度お疲れ様です~
いやはやクーデターとは急展開ですね。
海帰りに事件に巻き込まれるとは、劉曄殿も大変ですな~w
次回予告のお陰で次回が気になって仕方ありません!
ICBお疲れ様でした。
祝融がなかなかいじるキャラとしていいですね。劉曄との兼ね合いがグッドです。
続編で文姫と月英がどういう風に動くかが楽しみですね。凄く、続きが気になります。
ICBお疲れ様でした~。

謎が謎呼ぶ怪事件、続きが気になりますね~。
一見R勢力とSR勢力の戦いに見えますが、その真相は…

楽しみに待たせて頂きますw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。