Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

悲哀天啓の道 -外伝- 星に願いを


 ありふれて
 見えなくて
 気が付かなくても
 そこにある
 確かなぬくもり
 それは…
 …ある意味では
 奇跡なのかもしれない



悲哀天啓の道 -外伝- 星に願いを



-起-

 冬の夜。
 星空の下に一組の男女。
 降りそうなほどに輝く星々を眺め、女は男に微笑みかける。
 「綺麗ね」
 「ああ」
 男は鼻の頭を掻きながら、答える。
 本当に綺麗だよ、……。
 星空よりも、星々を背負って微笑む女のほうが美しい。
 正直に男はそう思う。
 ただ、それは男の口から言葉になることはない。
 そんな恥ずかしい言葉は言えないと、男は思っているのだ。
 「寒くないか?」
 照れ隠しから、つい、そんな言葉を選ぶ男。
 「…ちゃんと、一緒にいるから寒くないよ」
 男の手を握る。
 冷たい手だ、と男は思う。
 男は、暖めようと手を強く握る。
 「うん、あたたかい」
 笑顔につられて、男はやっと微笑んだ。
 女はにっこりと笑う。
 女の甘える表情を知っているのはこの男だけ。
 でも…それに気が付いていないのも、この男だけ、なのだ。
 女はそれも知っている。
 無骨な男の優しさも…知っている。
 一緒にいるそれだけで伝わる優しさで、いいのだと。
 なかなか逢えない、そんな時間を埋めるように女は喋る。
 男が戦場に出ている間にあった色んなことを。
 女の妹の話とか、男の弟妹の話とか、
 アイドルが泊まり来たとか、新しい仲居さんを雇ったとか、とかとか。
 最後にひとことだけ、女は男にお願いをする。
 「…半年後の今日、一緒に星を見たいな」と。
 「ああ」
 男は小さくうなづいた。


 
-承-

 夜の呉軍のとある砦。
 招かざる客が訪れていた。
 客は一人の女。
 女の名は…甄洛。

 夜の陣営にあらわれる美女。
 事件の匂いがする。
 そう私は思う。
 「そう思わないか? 伯符」
 「…オレには難しいことはわからない」
 公瑾に任せるよ、と言葉を続ける。
 「そうはいきませんよ。
  最後の判断は、伯符にして貰わないと兵への示しがつきません」
 「つかなくてもいいよ。
  オレは、そういうの苦手だし」
 「苦手とか得意じゃなくて…指揮することも覚えて貰わないと、
  私が義父上に逢わす顔がありません」
 「耳が痛いことをしれっというね」
 「…言ってくれと言ったのは、伯符あなた自身ですよ」
 小さく溜息をつく男。
 名を孫策伯符。
 これでも…小覇王の二つ名で呼ばれる蛮勇である。
 戦場では八面六臂の戦いぶりを見せる彼も、戦場以外では、旗色が悪い。
 「溜息をついている場合ではないですよ」
 孫策を責める美丈夫。
 名を周瑜公瑾。
 孫策の義兄弟であり、片腕。
 公私ともに彼を支える良き相棒である。
 戦場以外でも、有能な男であり、孫策を一番評価しているのは他ならぬ彼だ。
 孫策の父、孫堅のようになって欲しいと厳しいことも言う。
 それ故、今夜の出来事に対しても、孫策の決断を欲している。
 「…わかった。オレも一緒に逢うよ」
 「はい、お願いします」

 「お待たせした」
 部屋に軟禁状態になっていた女。
 名を甄洛。
 魏皇帝、曹丕の妻、甄皇后である。
 どこをどう歩いてきたのか、服は泥に汚れ、あちこちに解れがある。
 「待ったわよ」
 目の前には空になった食器。
 すこし元気になっているのには、そんな理由もある。
 「えーと」
 と言葉に困る孫策に対し、
 「前線の陣営にて、大した食事も用意出来なくてすいません、皇后陛下」
 と答える周瑜。
 「ううん、美味しかったわ。…こういう食事には慣れているからいいのよ。
  それよりも理由も聞かずに、砦に入れてくれてありがとう」
 ニッコリと微笑む。
 「でも…皇后陛下はやめて。
  甄でいいわ」
 「ですが」
 「いいのよ、瑜ちゃん」
 「瑜ちゃんはやめていただきたい」
 「なら、一緒よ。
  やめて貰えるわね」
 ニッコリと微笑む甄。
 言葉に詰まる周瑜。
 「あはははは、公瑾、一本取られたな」
 「笑い事じゃないですよ、伯符」
 愉快そうに笑う孫策。
 「…誰にそんなことを聞いたんだか」
 「ママに聞いたのよ。…呉さんにね」
 頭を抱える周瑜。
 「ちぃちゃんと瑜ちゃんと呼び合ってるって、ホントだったのね」
 まだ言葉を続けようとする甄に
 「それ以上、公瑾を苛めないでくれ、甄」
 と、孫策。
 「策ちゃんは話が早いわね」
 「…早いっていうか」
 鼻の頭を掻く。
 「お袋は、なかなかオレや周瑜の話を簡単に外でしないからな。
  オレ達のことを知っているってことは、身内と一緒だ」
 「伯符!」
 「大丈夫。オレを信じろって」
 周瑜は小さく溜息をついた。
 
 「理由を聞かないで…馬と食料を貸して欲しいの」
 「理由なしは無理ですよ」
 周瑜を制する孫策。
 「わかった」
 「伯符!」
 「ここで理由を聞いたりしたら、親父に合わせる顔がないだろ」
 「ありがとう」
 苦虫を噛み潰す周瑜。
 「ただ、…頷かなくていいから、周瑜の話を聞いて欲しい。
  言いたいことあるんだろ、公瑾」
 「いいわ」
 驚いた顔をするのは、周瑜。
 「すまん。あんまり聞きたくない話だろうけど、公瑾が納得するまで話を聞いてくれ」
 伯符、私が気付いていなかっただけなのかも知れません。
 あなたは義父様に似てきてますよ。

 「納得した?」
 「はい」
 「…ね。だから、しっかり掴まえとかなきゃだめよ、瑜ちゃん」
 「言われるまでもありません」
 「流石、線が細くても男の子ね」
 「でも、瑜ちゃんはやめてください」
 「いやよ」
 苦笑いをする周瑜。
 「…うん。でも話して少し、胸のつかえが取れたわ」
 「そう言って貰えると、私も気が楽です」
 和やかな二人の会話の横で、腕組みをしている孫策。
 「なあ、公瑾」
 「なんですか?」
 「なんで…好きってことが悪いんだ?」
 確信を付く。
 「なんでって、…今の話を聞いていなかったんですか?、伯符」
 「いや、聞いていたけどさ。
  …くわしくは知らないけど、好きな同士が一緒にいたいって思うのは、普通のことだろ?
  それを不義密通だかなんだか知らないけど、捕まえる理由にするのがわからない」
 「…」
 「…」
 「黙っていたって、わからないよ」
 「うん、そうね」
 複雑な顔で微笑む。
 「そう簡単じゃないのよ。
  …策ちゃんぐらいに男女のことがわからない朴念仁が相手だから」
 「同感です」
 同意する周瑜。
 「その答えは、大喬に聞くことですよ」
 「なんだよ、それ」 
 「そうよ。
  大事なひとがいるんなら…あたしが言える答えなんてないわ」


 約束の夜まで、あと二日。



-転-

 旅館「江東亭」
 一人の男が目を覚ます。
 男の名は…楽進。


 「目が覚めましたか?」
 暖かな日差しが窓から、差し込む。
 薄目を開けた瞳に映るは、女性の影。
 「まだ身体を起こしてはダメですよ」

 『駄目よ。…死なせるために行かせることは出来ないわ』

 がばっと起き上がる楽進。
 起き上がり、肩の痛みに呻く。
 「まだ、無理ですよ」
 「無理でも…なんでも、寝ているわけにはいかん!」
 苦笑する女。
 「まだ、無理です」
 優しく怪我をしていない肩を押す。
 苦もなく横たわる楽進。
 「私の細腕で、倒れるひとは寝てなきゃダメですよ」

 『強情な女ひとりを押し通せない男に、戦場で何が出来るっていうのよ!』

 「ああ、寝てるよ」
 「はい、そうして下さい」
 短い髪の頭を掻く。
 「なあ、聞いていいか?」
 「はい」
 「俺がここに運ばれて、何日たった?」
 「丸二日ほど」
 「そうか」
 「宿賃は前受けで、お連れさんに頂いていますから安心して休んでください」
 何処の誰が運び込んだか知らないが、準備がいい男らしい。
 「明日には歩けるようになると思いますよ」
 「…ありがたいな」
 目を閉じる。
 ぱたぱたと動き回る女。
 「楽進さんも剣士ですか?」
 「…ああ」
 「うちのひとと同じ匂いがします」
 窓から外を見る。
 「大変だな」
 「なんにも大変なことはないですよ」
 「…強いな」
 「女は強いんですよ。
  知らないんですか?」
 曖昧に笑う。  
 「力こぶはないですけど、ね」
 「…そうやって笑って待っていてくれるひとがいる。
  それだけで、男も強くなれるもんだ」
 「だったら、体を直さないといけないですね。
  お粥さんを持ってきますので、寝ていてくださいな」
 ありがとう。
 でも…俺を待っていてくれる女は静かに待っていてはくれないから、
 俺も走り回らないといけないんだ。

 女がいなくなるのを待って、楽進は体をおこした。
 痛みは走るが…動けないほどではない。
 
 馬屋には、愛馬と磨き上げられた自分の剣があった。
 楽進は江東亭に振り返ると、深く頭を下げ、
 立ち去った。


 明日は、約束の夜。



-結-

 雨が降っている。
 星空は見えない。
 ひとり…傘を差した女が立っている。
 「私も…逢えないのかな」
 空を見る。
 雨が止む気配はない。
 七月七日。
 七夕の夜。
 この夜だけは、離れ離れになった天上の恋人同士が逢えるという。
 でも、それは晴れの夜だけ。
 雨の日は天の川が溢れて逢えないのだ。
 「逢えないって、誰が決めた?」
 「策ちゃん」
 「だって、雨だし…一緒に星空を見たいって約束したし」
 「天気は…関係ないだろ」
 女の頭を撫でる。
 「好きな大に逢うことに理由なんていらないよ」
 「…変な策ちゃん」
 孫策の顔を見上げる。
 「うん、変なことはないよ。
  …ちょっと素直になっただけ、だよ」
 優しく大喬を抱きしめる。
 悲しい思いをさせないように。
 寂しい思いをさせないように。
 そっと抱きしめた。


悲哀天啓の道 -外伝- 星に願いを 


-了-





-あとがき-

真音さんに捧ぐ。
…というか、孫策をチョイスしたのも…真音さんのICBのオマケからのインスピレーションでした。
というわけで…次のICBのイラストは策としうゆでお願いします>リョーチョーさん(え
甄と楽進では…ここまで素直になれないですからね。
夫婦(≒恋人)と恋人未満の埋められない差、なのでしょうね。

あとがきと修正を昨晩書いて、消えたのはここだけの話

加筆、AM9:00






-結-その2


 「ちぃちゃん、戻ったよ」
 驚いて言葉を失う小喬。
 慌てて、言葉を紡ぐ。
 「お、おかえりなさい。周瑜様」
 「ただいま」
 優しく微笑む。
 軽く涙ぐみ、とことこと駆け寄る。
 周瑜の胸に飛び込むと、小喬は泣いた。
 「ただいま…ちぃちゃん」
 周瑜は小喬を抱きしめると、泣き止むまで、頭を撫でていた。


-了-

Theme:三国志大戦2
Genre:ゲーム

comments(8)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2006-07-07_18:52|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

俺を殺す気ですね
鼻の頭を書いた辺りで半分死んで、寒くないかいで悶絶死しました
だめ、俺には書けない
俺にはギャグしか書けないし読めないよ朋友w

大にちぃちゃんだと!?
曹操じゃなくても攻めたくなったぞwww

ところで、あの露天風呂のあるあの旅館はそういうことなのですか?

七夕に綺麗なものを見せていただきました
こんな日に変な話を考えている自分が恥ずかしいですよ

一人寂しい俺は今日こそ出陣してダブルSに心癒されようwww
七夕にいい話を聞けてよかったです^^
文才0の自分でもすごくいい話だと思います。
これからも頑張って書き続けてください~。
れす
>TOM9さん
クリスマスのアレを書いておいて、書けないとは言わせませんよ、朋友。
攻め込むと『てりゃー』と『必殺の炎放つのは今だ』が来ますヨ。
…間違いなく。
ええ、あの旅館ですよ。
劉曄君が机ぶった切ったあたりから、あの温泉旅館ですよw

>タカさん
ありがとうございます。
コメントが次の活力になります。
…本編書かないとなぁ(汗
素敵w
七夕に大好きな2夫婦の話が読めるなんて!
感謝感謝です!
しかし、瑜ちゃんちぃちゃんですか…w

甄と楽進の方はまだハラハラドキドキですね。
頑張れ楽進!甄ちゃんを守れるのはやっぱお前だけなんだー!
れすれす
>珂耀さん
ありがとうございます。
でも…問題の甄と楽進は、逢ってすらおりませんよ(汗
どこまで、すれ違うんでしょうね。
…出会うときには、話が終わるときなのかもしれません。


>補足
朋友にも突っ込まれていたので…補足をば。

名前がないと言って、適当につけるわけにもいかないので…愛称をw
小さい子を「ちぃ」と呼ぶのは…普通ですよね(汗
 孫策 → 公瑾、大、ちぃ
 周瑜 → 伯符、大ちゃん、ちぃちゃん
 大喬 → 策ちゃん、周瑜さん、ちぃ
 小喬 → 策ちゃん、周瑜様、おねえちゃん
と呼びあっています。
この話の前に、
小喬が周瑜を『瑜ちゃん』と呼んで、周瑜が勘弁して欲しいと言った経緯があるのです。

江東亭は…代々呉家が女将をつとめている老舗旅館で、今は長男の嫁、若女将大喬の代となっております。
大女将呉夫人とお局様呉国太、看板娘小喬、時々帰ってくる元気娘孫尚香がいるので、結構人気のある旅館です。未亡人徐夫人さんもいるはず(汗
孫尚香が帰ってきているときは、りっくんwも店の手伝いをして(させられて)いるということです。
人手が足りないときは、朱治、朱然、孫静、陸遜も仲居をさせられているという噂があります(マテ

さて…今回の問題は、
周姫を出しづらく(描きにくく)なったことかなw
…うん、いかにも幼く書いた小喬に娘がいるとは…うーんうーん
また…考えます(汗
はぁ~
よいお話でした。
ていうか照れるよ。
恥ずかしいよ。
策はそんなことしないよ(w

周姫を出すとなると、カードのイラストのイメージを払拭させるしかない(w
若いママはいいけど・・・想像がつかないよ(w

実は北海道は8月に七夕なのですよ。
れす
>真音さん
…書いてる人間も照れていますよ、ぢつは。
自分で書きながらも…ラブコメ体質を実感していたり(汗
最後に「変な策ちゃん」の一言を言わせたかったんですよw
そのために…大が照れそうなことを言わせましたからw


こっち(光の国)も月遅れの七夕ですよw
ただ…一般的には7/7なので、7/7に書き上げましたw
来月の七夕は晴れるといいですねw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。