Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

名探偵 劉曄子揚-外伝

ええ、どうも、龍之介です。
今回は、時期を逸したネタをひとつ投下しておきます。
(書きあがるまでに時間がかかったとも言ふ)

今回のネタを知っている犯人は、リョーチョーさんwのみ。
あとがきもなしで参ります。

朋友にもトラバw
まだ、私の話は書きあがりませんがw



では、開幕の時間です。




前哨■

 暗闇に立つ長髪の男。
 誰に話しかけるともなく語りだす。

   |
劉曄 |「夢の話、…あなたは信じますか?
   | いやいや、夢と言っても叶えるものではなく、
   | 寝て見る夢の話です。
   | 夢は、現実の投影?
   | あるいは、今とは違うもう一人の自分の投影だとも?
   | どちらが正しいと思いますか?
   | 私の場合」
   |



前奏■

じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃー♪
てけれんてけれん♪
じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃー♪
ぱらっぱっぱーぱー♪
ぱらっぱぱぱぱー♪
じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーじゃんじゃん♪


 タイトルが入る。
 黒バックに赤い文字


名探偵 劉曄子揚-外伝



シーン1■

陽だまり。
少年が一人、佇んでいる。

(ナレーション:劉曄)

  繰り返し見る夢がある。
  まだ10代の子どもだったころの夢だ。

  陽だまりの中、僕は彼女と二人で過ごしていた。
  彼女は…僕の母ぐらいの年のおばさん。
  見た目は若く見えても、おばさん。
  おばさんと呼んだら、怒られるけど、名前は思い出せない。
  ここは、彼女と呼ばせてもらう。
  気が付くと彼女は寝ていた。
  こともあろうに、僕の膝のうえで。
  重いって、と口を開こうとする。
  でも、あまりに無防備でくったくのない寝顔に、僕は苦笑するだけ。

  寝顔を見ていると色々なことを思い出す。
  彼女は僕ぐらいの子どもがいたそうだ。
  でも、遠いところにいて逢えない。
  そう言って、笑った。
  笑う場面じゃないと思う。
  そう言うと彼女は『笑顔でいないと、あの子たちに悪いから』と言った。
  なんで、悪いんだろう。
  次の言葉を僕は紡がなかった。
  いや、紡げなかったのだ。
  紡げなかったことを僕は知っている。


少年の姿がフェードアウトしながら、
劉曄の姿に変化していく。

(ナレーション:劉曄)

  理由を知らなかったのは、夢を見ている『私』だけだったのだから。



シーン2■雑貨屋「反」

小さな店に男が5人。女が1人。
明らかに呼び出された感のある劉曄と甄皇后。
呼び出した男4人は、
 程、荀(R)、郭嘉(SR)、李典(R)。


   |
劉曄 |「で、程老。僕に何の用事なんです?」
程 |「そうそう焦るもんじゃないて」
   |
   | 笑う程。
   | 程を見て、不機嫌そうに愛想笑いを浮かべる劉曄。
   |
劉曄 |「笑って誤魔化すのは悪い癖だと思いますよ、程老」
荀 |「後は私が説明しますよ」
劉曄 |「手短にお願いします。
   | それにしても、珍しいメンバーが揃いましたね」
郭嘉 |「好き好んで、北伐から戻ってきたわけじゃねえ」
荀 |「劉曄君に来て貰ったのは…火急の用事があったからです」
劉曄 |「火急の用事なら、陳宮くんに話してくれればよかったではないですか?」
   |
   | かぶりをふる劉曄。
   |
劉曄 |「わざわざ、休日の僕を呼ばなければいけない用事って、一体?」
荀 |「今夜、蔡文姫がさらわれます」
劉曄 |「はあ?」
   |
   | 劉曄の驚きとも呆れとも取れる声に、場が沈黙する。
   |
程 |「驚くのも当然じゃて」
李典 |「…予定が狂いましたからね。本当なら、もっと早くが董卓の乱が起きるはずだった」
郭嘉 |「ああ、乱の混乱に応じて、さらわれるはずだったからな」
劉曄 |「…何の話をしているんです?」
   |
   | 尋ねる劉曄。無視して会話を続ける他の4人。
   |
郭嘉 |「あん、コイツは覚えていないのか?」
荀 |「ええ、どうやら覚えていないようですよ」
程 |「そうぢゃなければ、驚いた顔もせんぢゃろうて」
李典 |「…それ故に、この事件を止めれる可能性がある」
   |
   | ?を3つ程、頭上に浮かべる劉曄。
   |
劉曄 |「一体、皆さんは何の話をしているんですか?
   | こんな堅牢な都市に、どこの誰が蔡文姫をさらいに来るんですか?」
李典 |「匈奴」
劉曄 |「…北の蛮族」
荀 |「ここを攻めるという情報があるのです」
劉曄 |「なんで、蔡文姫をさらいに?」
程 |「…歌が聞きたいんじゃろ、アイドルだからの」
劉曄 |「はあ? 程老の言っていることがよく分からないんですが」
郭嘉 |「煮えきらねえ、野郎だな、おい!」
劉曄 |「煮えきるも、煮え切らないも」
郭嘉 |「あん、惚れた女守るのに理由はいらねえだろ?」
   |
   | 顔を赤くする劉曄。
   |
劉曄 |「そんなこと、どこの誰が噂しているんですか!?」
   |
   | 口を合わせて、4人が答える。
   |
荀 |「陳宮殿」
程 |「陳宮じゃ」
郭嘉 |「デコ」
李典 |「陳宮」
   |
   | 額に指を当てる劉曄。
   |
劉曄 |「…はあ」
   |
   | 劉曄は、深い溜息をついた。
   |



シーン3■雑貨屋「反」

時間は、劉曄が来る前。
場所は変わらない。
程もいない。

   |
甄皇后|「で、どうして、あたしな訳?」
荀 |「貴女が蔡文姫の親友だから、ですよ」
甄皇后|「そんなに、あたしは仲良くないわよ」
荀 |「でも、蔡文姫は親友だと思っていますよ」
甄皇后|「…」
荀 |「貴女のことだから、親友だとは言わないことはわかっています。
   | ここで話したことは誰にも口外しません」
郭嘉 |「あぁ! まどろっこしいな、荀」
荀 |「郭嘉、貴方のように何事もストレートに話すことがいいとは限りません」
郭嘉 |「じゃあ、なんて言うんだよ」
   |
   | 二人の会話を手で制する甄皇后。
   |
甄皇后|「親友よ。…郭の耳に入れたくないの。
   | これで満足、郭嘉!」
   |
   | カカと、笑う郭嘉。
   | その瞳は笑っていない。
   |
郭嘉 |「その答えを待っていた。
   | 今夜、その大事な蔡文姫が、匈奴にさらわれる。
   | 俺達の策に力を貸してくれ!」
   |
   | 甄皇后はにっこりと微笑んだ。
   |



シーン4■城外

 夜、城郭の外。
 夜営の門兵とともにいる荀、程、郭嘉、李典、甄皇后。

   |
甄皇后|「こんなに静まり返っているのに、ホントに来るの?」
荀 |「来ますよ」
李典 |「具体的には…30分と言ったところですね」
甄皇后|「便利ね、時間まで解るのって」
   |
   | 口を開けようとして、やめる甄。
   | 少し沈黙。
   |
荀 |「聞きたいことがあったんでは、ないんですか?」
甄皇后|「…ないわ」
荀 |「あると顔に書いてありますよ」
甄皇后|「…ちょっと気になっただけよ。
   | ここにいない劉曄は何処にいるんだろうって」
郭嘉 |「あいつなら、蔡文姫の近くで守らせてる」
甄皇后|「あたしが蔡の護衛だと思っていたんだけどな」
程 |「事情があってのぅ」
   |
   | ホッホッホッと笑う程。
   |
荀 |「来ました」
   |

 遠くに砂煙。
 各々武器を手にする。



シーン5■剣

 夜、城郭の中。
 とある宿屋の裏手に一人立つ劉曄。 
 手には剣。
 躍り出る一人の賊。

   |
劉曄 |「ここは行かせない」
   |
   | 劉曄に驚く賊。
   | その驚きをかき消すかのように、剣を振り回す。
   | 一見、ランダムに見える剣の動きを追おうともしない劉曄。
   |
劉曄 |「僕には見えるんですよ」
   |
   | ランダムに動く剣の軌道をかわす。
   | 髪一重、だが、賊の剣は空を斬るばかり。
   | 劉曄の鮮烈で鋭い切っ先が賊を貫いた。
   |
劉曄 |「すべては読み通り」
   | 

 宿屋の扉が開いた。
 顔を出す蔡文姫。
 劉曄の姿を見て、懐かしそうな瞳で見つめていた。

   |
蔡文姫|「ねえ、覚えてる? 僕ちゃん」
劉曄 |「…忘れないですよ」
   |
   | 優しい顔で笑う劉曄。
   |
蔡文姫|「忘れるわけないじゃないですか。…文姫さん」
   |

(ナレーション:劉曄)

 事件を呼んだいたのは、他ならぬ僕だったのだ。
 そう確信する。
 事件の正体は…過去。
 僕が子どもの頃に愛した…年上のひと。
 彼女の名は…蔡文姫。



シーン6■思い出 それは 遠い過去

光に溢れた風景。
光の外には何もない。
光の中には、二人だけ。
 少年と、婦人。
 劉曄と、蔡文姫

   |
蔡文姫|『背伸びする必要なんて、ないのよ。
   | 無理に大人になる必要なんて、ないの。
   | 時がくれば、みんな大人になるんだから』

(ナレーション:劉曄)

 彼女はそう僕に言った。
 そのころの僕は…ただの勘のいい、ちょっと切れる…
 …誰にも近寄られない子どもだったから。
 母の遺言に従い、仇討ちをした。
 それが丞相の耳に入り、魏に呼ばれた。
 気骨を買われたということ、なのだろうが…そんな大人の理由は僕にはわからない。
 まだ幼かった僕に、丞相は色々なことを学ぶように言われた。
 恵まれた環境であることに違いはない。
 僕に詩歌を教えてくれた先生が…彼女、蔡文姫だった。
 
 『私もね、僕ちゃんの年の頃は、子どもを産むなんて考えたことなかった』

 くったくなく笑う。
 まるで、子どものように。

 『親になるなんて、思わなかったのよ』

 少し影を秘めたまま。
 影がなくては、詩歌は書けない。
 そう蔡文姫はうそぶく。
 幸せな詩歌だって、あっていい。
 そう僕は思うんだ。

 『でも、そうね』
 僕を正面に見据える。
 『今は…僕ちゃんがいるから、幸せよ』 

 出来ることなら、夢見る少女の頃に、逢いたかったな。
 いつか、
 僕が大人になったら、貴女を迎えに行きます。
 ふふ、子揚ちゃんが大人になったら、私はおばあちゃんよ?
 構いません。
 必ず、迎えに行きます。

 その約束は最後まで果たせなかった。
 漢中に丞相と遠征している間に、彼女は亡くなった。
 流行り病にかかったんだという。
 魏国では楽進殿、孫呉では程普殿を始めとして、数々の猛将を屠った流行り病が彼女を襲ったのだという。
 苦しい顔は最後まで…見せなかったと…笑っていたと、最後を看取った後の皇后陛下は僕にそっと教えてくれた。
 そして、
 僕を好きだったと言ったと告げた。

 僕は最後まで…彼女の口から好きだとは聞けなかった。
 最後の一言を僕はまだ、聞いていない。



シーン7■そして…今

   |
蔡文姫|「願いが叶った…のかな?」
   |
劉曄 |(どんな奇跡なのだろうか?
心の声| あの時の、記憶の中にいる彼女はここにいる)
   |
蔡文姫|「迎えに来て…くれたのかな?」
劉曄 |「いえ、…願いは届いてません」
   |
   | 額に指を当て、蔡文姫を見据える劉曄。
   |
劉曄 |「今の貴女は、今の蔡文姫ではない。…そうですよね?」
蔡文姫|「うん」
   |
劉曄 |(もうあの時の彼女はいない。
心の声| どんな奇跡なのかは、わからない。
   | ここにいる僕は彼女よりも年上で、可憐な少女の姿で僕の前にいる)
   |
劉曄 |「約束は忘れない、忘れることなんて出来ない。
   | でも、もう…私は約束を果たせない」 
   | ここに、あの時の僕がいないように、
   | あの時の貴女はここにはいないんですから」
蔡文姫|「…うん」
   |
   | うなだれる蔡文姫。
   | 矢継ぎ早に言葉を綴る。
   |
劉曄 |「いいですか?
   | 貴女は、匈奴にさらわれなかった。
   | 匈奴にさらわれ、匈奴の王の側室にならず、子どもも産まれない。
   | 僕に、
   | …子どもだった僕が、もう貴女に逢うこともないんです」
   |
   | 沈黙が支配する。
   | 沈黙を破ったのは蔡文姫。
   | 
蔡文姫|「…うそつき」
   |
   | 大袈裟に肩をすくめる劉曄。
   |
劉曄 |「僕は…うそつきですよ。
   | 文姫さんを迎えに来れなかった、大うそつきですから」
蔡文姫|「背伸びしなくてもいいのに…」
   |

(ナレーション:劉曄)

 ええ、僕はあの頃と変わらない、
 何もわかっちゃいない、
 背伸びをした、ただの子どもだ。
 でも、そんな子どもでも過去の記憶で、今の文姫さんを縛ることはいけないことだとわかる。
 今の彼女には、今の彼女の夢と未来がある。

   |
劉曄 |「背伸びしなくてもいいぐらいには、大人になりましたよ、僕は」
   |
   | 笑う。
   |
蔡文姫|「子揚ちゃん」
劉曄 |「笑って下さい、文姫さん。
   | …僕の為にも。
   | もう一度、子どもの僕に戻れるなら…背伸びをせずに文姫さんに甘えることでしょう。
   | でも…もう…そんな時間は戻って来ないんです。
   | …これは一夜の夢、目覚めれば忘れる夢なんですよ」
   |

 精一杯の笑顔で僕が文姫さんに微笑んだ。
 涙を流しながらも笑顔を作る蔡文姫。
 劉曄は何をすることはなかった。



シーン8■朝

 そして、何事もなかったかのように朝は来る。

   |
蔡文姫|「ねえ、甄ちゃん、聞いて貰える?」
甄皇后|「なに、蔡?」
   |
   | 眠そうに相槌を打つ甄皇后。
   |
蔡文姫|「…私、昔から変な夢を見るの?」
甄皇后|「どんな夢?」
蔡文姫|「あのね、私がおばさんなった夢なの。
   | おかしいでしょ?
   | あ、甄ちゃん、笑った。
   | なんで笑うの?
   | 私がおばさんになった姿を想像したでしょ?
   | 太ったおばさんになんか、ならないよ、私。
   | ねえ、聞いてる甄ちゃん?
   | 私ね」
   |

 遠ざかる二人の女性。
 その後ろ姿を見送る長髪の男。
 恭しく、頭を垂れる。
 髪を掻き揚げると、額に指を当て、
 笑った。

   |
陳宮 |「劉曄様、事件でさぁ」
劉曄 |「…陳宮君、君は僕にしんみりさせる時間もくれないのかい」
   |
   | 額に指を当てた姿勢のまま、振り返る。
   |
劉曄 |「いや、時間をくれないのは、事件だな」
陳宮 |「はい」
劉曄 |「では、行こうか、陳宮君」
   |

 馬に跨り、去る主従。
 二人が向かう先は、青洲。
 おきた事件は、呂布感電事件。
 話の顛末は…別の話で語られるだろう。
 劉曄は途中でコンビニに寄るといいながら、牛金印のおでん屋に寄ったことは語るまでもない。 
 去る劉曄は振り返ることをしなかった。


 語られない事件があった。
 語られない思いがあった。
 これは、そんな小さな事件の顛末である。



■名探偵 劉曄子揚-外伝 終幕

Theme:三国志大戦2
Genre:ゲーム

comments(7)|trackback(0)|三国志大戦 コラボ|2006-05-31_12:37|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

・・・
・・・(゜Д゜ )
・・・・(゜Д゜`;)
・・・・・(´゜Д゜`;)
・・・・・・(´⊃Д⊂`;)ゴシゴシ
・・・・・・・Σ(゜Д゜ )あ!!w
どのネタ(´Д`;)?(殴
ぇとぉ、ぇとぉ・・うんとぉ・・・ごめ犯人知らない(殴殴殴
orzぃゃ、ぅん、思い出して無いだけだよ!ぅん!!多分www(尚更カエレw
ある種同じことを考えていたか
そこまで思考を合わせなくてもいいんですけどw
どこが同じかは言いませんが、さすが朋友

魏の知将はみんな意地悪なんだねw
いいお話でした
れす
>リューチョーさん
犯人は、貴方ですよ(え
いや、私自身かも知れませんw(汗
つか、このネタを書いてることを教えていたのは、リョーチョーさんにだけでしたのデスよ(汗

>TOM9朋友
意地悪で善人ですよw(汗
…馬に蹴られて死ぬような連中は、いないようでw
恋路を一番邪魔しているのは、劉曄自身なのでしょう。

ええ、ドキっとしましたヨ、ホント。
流石、朋友w
せめて龍之介兄貴と呼ばせて頂きたく・・!orzこんばんは、時を忘れて夢中になって読ませて頂きました(*´∇`*)郭嘉がヤンキーぽくて素敵ですww
素敵なお話をありがとうございました・・!
れすれす
>mikiさん
そう言って貰えるとなによりですw
悲哀天啓の話も書かないといけませんねw
時期を逸しつつありますが…。
…郭嘉は蒼天郭嘉っぽく、口が悪くガラ悪くって感じです。
優等生 荀、謎の爺さん 程に、クールというか必要最低限しか話さない李典という感じで書いてました。


次回予告

 「頼む、行かせてくれ!」
 「駄目よ。…死なせるために行かせることは出来ないわ」
 「強情な女だな」
 「その強情な女ひとりを押し通せない男に、
  戦場で何が出来るっていうのよ!」

出逢いの記憶はあまりに切なく、あまりに遠い。
次回、悲哀天啓の道「過去」

 「なあ、お前様は覚えているか?」
撮影快調!!
ですよね
れすれすれす
>朋友
全然進んでいないのですよ(汗
大戦の時間に反比例して、書けなくなるのです。

つか、こっそり書いた予告編に気付くあたり流石は朋友w
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。