Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

悲哀天啓の道 -了- その3

前回のつづき。


■あらすじ■

さらわれた甄皇后は、ダブルライダーと名探偵の活躍で
救出されたぞ。
さあ、脱出だ。


…さてと、
いいかげんなあらすじwはほっといて、本編は下です。
今回は、短めというか、前回長すぎでしたw
あらすじ、書かなきゃいいような気もするんだけどねぇw





四幕 - 老軍師の過去

 ここは先ほどの宿場町。
 数多くの兵士が押し寄せている。
 まだ、楽進はここにいるはず…いるという偽情報が程の手によってもたらされていた。
 しかし、ここを守るのは…爺さん2人であった。

 「ちいと、骨が折れるのお」
 弱体化の計を打つ、カイ越。
 「もう若くないからの」
 槍で振り払う程。
 「これでは、わしらの体力が切れるほうが早そうだわい」
 「そうじゃの」
 「では、一休みしていて貰おうか」
 凛と通る声。
 赤い頭巾の美丈夫が馬上から声をかけた。
 その美丈夫 - 孫堅が剣を掲げる。
 「おう、任せたわい」
 答えるカイ越。
 「いざ、参る!」
 江東の虎が吼える。
 その咆哮は、荒々しくも気高い。
 側に控えるは江東旗本四天王、…程普、韓当、祖茂、黄蓋。
 二人の横を駆け抜けていく。
 「一休みできそうじゃの」
 「そうじゃな」
 カカと笑う好々爺二人。
 「カイ越、いつ伝令を送ったんじゃ?」
 「そんなもの送っとりはせんわ」
 遠くを見るカイ越。
 剣を振りかざし、突っ込んでいく孫堅の姿が目に入る。
 「長い付き合いだからの」
 ある伝聞には、こう書かれている。
 荊州を攻めた孫堅に降伏すべきと提案した軍師がいた、と。
 かの者の力は強く、そして賢く、今、荊州を治めている頭でっかちの劉表よりも、
 この地を治めるに相応しい君主なのではないかと。
 しかし、その意見は通らず、降伏を提案した軍師は…
 …孫堅を倒す策を提出した。
 前線の将、黄祖は敗走し、軍師の策を受け入れることとなった。
 結果、死後、武烈皇帝と呼ばれる漢は散ったのである。
 演義ではその策を報じた軍師はカイ良とされている。
 だが、史書を読めば、その策を報じた軍師は、他の人間だとしか思えないであろう。
 実質の荊州擁立の立役者である彼以外には考えられない。
 その策を報じた軍師の名は
 『長い付き合いじゃて…こうして轡を並べるなど考えてもおらんかったわ』


五幕 - 読みは外れる

 「ねえ、教えて、劉曄」
 「…なんで、僕がここにいるか、ですよね?」
 「話が早いわ」
 あたしは馬上にいた。
 劉曄の馬に一緒に乗せて貰っている。
 「個人的な事情で司馬懿さんを追っていた、それだけのことです。
  牢の司馬懿さんに奥さんの面会がありました。
  そのまま、ドロンですよ」
 大げさに肩をすくめる。
 「捕まえる義務は僕にある。
  …それに、僕はあなたに借りがある。
  他に理由なんていらないですよ」
 「ホントにそれだけ?」
 「ええ、たとえ貴女が、不義密通の罪で追われていたとしても、私は捕まえませんよ」
 「ねえ、誰が追われているって?」
 「貴女ですよ、甄」
 「…面白い冗談だわ」
 「僕がこの状況で、嘘を付くとでも?」
 「…思わないけど」
 白くなるまで唇を噛む甄。
 「思わないけど!」


六幕 - 剣と剣

 剣と剣が火花を散らす。
 一撃、二撃。
 荒々しく、引くことを知らぬ剣と剣。
 剣の軌跡が孤を描き、斬撃が血を孕む。
 互いの剣が皮膚を裂き、肉を削ごうとも、その鋭さは止まらない。
 本来、彼の剣に、彼の生き方に退くと言う文字は無いのだ。
 だが、
 アイツは、
 俺に守る弱さをくれた。
 退く弱さをくれた。
 それの何処が悪い!!
 はあ、悪いだって?
 悪いなんて言ってねぇさ。
 オレは退くなんて言葉は知らねぇ!
 生きるか、死ぬか。
 生きる限り、剣を振るう。
 前に進む。
 それがオレの生き方だったろう?
 いや、オレ達の生き方だったろ。
 そうだった…かも知れん。
 ならば、剣を振るえ。
 オレが大きく剣を振りかぶる。
 俺はその隙を見逃さなかった。
 両手に構えた剣をオレの腹にねじ込む。
 だが、オレの剣の勢いは止まらない。
 鈍く光るオレの剣は、俺の肩に深く、深く食い込んでいた。






あとなかがき■

あははw
前回なんで、ICBの後なのかという理由付けを書いてませんでしたw
笑ってごまかすですwww

では、今日はここまでw
つか、なんてとこで引張るのよ、私w

Theme:三国志大戦
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2006-03-30_21:37|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。