Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

悲哀天啓の道 -了- その2

前回からのつづき。


■あらすじ■

甄皇后が悪いやつらにさらわれてしまったぞ。
楽進、がんばって助けるんだ。
爺ちゃんズも応援しているぞ。


…ってとこですかねw
さて、いい加減なあらすじではなく前の話を読みたい方は、三国志大戦_物書から。
人物紹介はここらへんを参考に。

では、参りましょう。
長いですヨ。





二幕 - 俺とオレ

 「いよう、早かったな、…オレ」
 前線の宿営地に着く前、少し開けた土地。
 そこにはオレがいた。
 「悪趣味だとは思わなかったか? お前は!」
 「悪趣味か…悪趣味だろうなぁ」
 クククと笑う。
 「お前の楽しみを奪っちまったしな」
 更に、クククと笑う。
 「馬鹿な女だな、アレは。最後まで、オマエと勘違いしていたぜ。
  どうやってあそこまで手懐けた?」
 「…」
 「不義密通も間違ってねえよなあ。
  最後にオレが生き残れば、間違いじゃなくなるしな」
 「…だ」
 なあ、お前様、俺は、…昔の俺はオレみたいな男だったのか?
 救いがないのは、オレも俺も違いはない。
 すべては守れなかった俺の責任だ。
 こういう事態が起きることだって判っていたはずだからな、俺は!
 腰の剣を抜く。
 「お、やる気になったのか?」
 「黙れ!!」
 オレに向かって、俺は走り出す。
 オレは何だってよかったのさ
 ただ楽しめればいいんだ。
 今だって、一時の暇つぶし。
 悪趣味なことを言うのは性に合わねえが…オレを怒らせる方法はオレが一番知っている。
 まあ…歴史に追いつかれて死ぬまでの時間潰しに過ぎねえからな。
 俺に殺されるなら、それもまたよし。
 オレはゆっくりと腰の剣を抜いた。





三幕 - ヒーロー登場

 「甄殿、助けに参りました」
 暗い闇の中にあたしはいた。
 お静かに、と言葉を続ける優しい男の声。
 あたしは聞いたことのない声だった。
 「…誰?」
 「誰だっていいんじゃないかなあと思ったりするわけよ、俺は」
 「軽口を叩く時間はないだろ、馬超」
 「あ、わりい」
 馬超ってことは、もう一人は趙雲だろう。
 って…ダブルライダー?
 なんで?
 こんなときに助けにくるのは楽進じゃないの?
 ぶもうと言う声が外で聞こえる。
 「趙雲様、馬超様、斥候が戻ってくるようです…じゃなくて、戻ってくるぜ」
 「今までみたいに話せばいいよ、裴元紹」
 「…すいません、はい」
 うなだれる裴元紹。
 少しづつ話がわかってくる。
 そうか牛金が虫の知らせか何かを感じて…裴元紹の中の子の知り合いのダブルライダーと助けに来てくれたんだ。
 裴元紹の中の子は…あのおやっさんの弟子。
 ダブルライダーの知り合いだったものね。
 「ぶもうぅう」
 「何て言ってる?」
 裴元紹に尋ねる趙雲。
 「えと、あの」
 「囲まれた、って言ってるのよ」
 あたしが代わりに答えた。
 「大体、どんなことになっているのか理解出来たわ」
 「お、立ち直り早いね」
 「それだけが才能なのよ。…ありがとう、色男」
 「色男って、もうちょっと別の言い方あるんじゃない?」
 「喜んでるんじゃないのか、馬超」
 「あのなー」
 「ぶもうぅう」
 光の向こうから牛金の呼ぶ声がする。
 「あたしをご指名の相手が来ているみたいね」
 「みたいです」
 裴元紹って牛金の言葉が判ったんだ。
 牛と馬って似てるのかも。
 笑ったら牛金に怒られるな。
 何、切羽詰まった状況で考えているんだろう、あたしは。
 やっぱり、立ち直り早いのかもね。

 「郭、さっさと顔出しなさい」
 「人違いよ」
 「張春華!?」
 「ええ」
 「なんで?」
 「…あなたに恨みはないわ。うちの亭主の出世にはあなたが邪魔なのよ」
 「郭はあなたが考えているほど、御し易い相手じゃないわよ」
 「…御し易いかどうかが問題じゃないのよ。今だって」
 あたしの周りを見回す。
 「そんな何処の馬の骨ともわからない相手を引き入れている。
  そんなにも…信じられている。
  あなたはいつも、私の計算の外で動くのよ」
 それが憎い。
 そんなカリスマのあるあなたが憎い。
 郭と同じ意見になったわ。
 だから、殺すの。

 「俺は…馬の骨だったっけ?」
 「お前は、馬の超だろ? 錦かもな」
 「いやーどっちでもいいけどね。
  …ここまでストレートに無視されると流石に怒れてくるわけよ、俺は」
 「叱られないと動けない子どもみたいだな」
 「あのなー、そうでもないんだけどな」
 「馬超様、趙雲様、そんなこと言ってる場合じゃないですよぉ。
  こんな沢山の人からどうやって逃げればいいんですか?」
 ざわざわ。
 囲っている兵士にざわめきが走る。
 馬超、趙雲の名は…裴元紹が思っている以上に大きい。
 「こんなところにダブルライダーがいるわけなかろう?
  さっさとひっ捕らえろ!!」
 数人の兵士が槍を構えて、距離を縮めてくる。
 笑う馬超。
 「あら? 信じられてない」
 「本来なら蜀にいるはずだからな」
 事も無げに手にした槍を構える馬超。
 槍の重さも感じさせないほど、軽く振る。
 風を切る音と、数刻遅れて兵士の手にした槍の穂先落ちる音が鳴る。
 「次は首が落ちるぜ、もう警告したからな」
 ひい。
 情けない声をあげて、前線の兵士が下がる。
 「お前は、いつだって期待を裏切らない男だよ」
 腰の剣を抜く、趙雲。
 「やっぱりヒーローだからね、俺は」
 「流石です、はい」

 「ぶもうぅ」
 張春華に向けて、牛金が走る。
 「待って、牛金」
 「…ぶもぉ!!」
 「まんまと掛かったな!」
 やっぱり、張春華の前には、司馬懿が隠れていた。
 ちょっと遅かったみたいね。
 「ぶもお」
 バタリと倒れる牛金。
 ふう。
 仕事が増えたわ。
 あたし一人だって、どうしようかってのに、
 牛金まで抱えて逃げるのは大変。
 「ちょっと…困ったわね」
 「何を落ち着いているのよ、甄」
 「あ、ううん。困っているのよ、ホント」
 張春華とは逆の方向。
 十重二十重に囲んでいた兵は、遠巻きに見ているだけ。
 ダブルライダーのお陰ね。
 でも、ここで牛金を置いていくわけには、いかないのよね。
 「あなた」
 「…甄殿、貴女に恨みはありませんが、流されて頂きます」
 迫る、司馬懿。
 あ、やばいかも。
 「そのまま倒れるがいい!」
 「全ては読みどおり!」
 あたしを押し流そうとした水流の流れが消える。
 そして、新しく生まれた水流に、張春華と司馬懿が流される。
 あれ?
 これはもしかして?
 反計?
 「程爺ちゃん?」
 「はずれです。僕です、劉曄ですよ」
 「なんで!?」
 馬に跨った劉曄子揚があたしの傍らにいた。
 なにがどうなってるのよ。
 一体、何があったっていうの!?
 流石にこんな大げさな救出劇が起こって、何も起きてないなんてことはないわよね?
 「後で、お答えします。そんなに時間は稼げないですから」
 「でも、牛金が」
 「劉曄様、牛金殿は救出しました。脱出しましょう」
 「ありがとう、陳宮君。行きましょう、甄殿」
 あたしは、目に見えないチカラに翻弄されながらも、頷いた。






あとなかがき■

 長いよ、ママン。
 進まないよ、ママン。
 出るはずのなかった名探偵まで出張ってきたよ、ママン。
 初めて『看破』を使う名探偵が書けたよ、ママン。
 眠いよ、パトラッシュママン。

 時間軸はICB 5thの後ということにもなるのね、この話。
 名探偵シリーズをお知りになりたい方は、ICBを読んでくださいね。

 という訳で、まだ、つづきます。
 長いよ、ママンw

Theme:三国志大戦
Genre:ゲーム

comments(6)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2006-03-22_18:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

おぉー
まさか名探偵が助けにくるとは!!
陳宮も大活躍ですね!(牛金を助けただけですが・・・w
きっと美味しい役を取られた「程イク」爺ちゃんが悔しがってるんでしょうね。
ガッ君も気になりますね!!二人は無事に出会えるんでしょうか?心配です(><)
看破・・・
いや、言うまいw

手塚アニメみたいですね。あっちの主人公こっちの主人公入り乱れて夢の競演
次に来るヒーローは誰だ?!
お、あ、はwww
ちょw劉曄シリーズまで参戦ですか!!wwwもぅそぅぃぅ違うシリーズが参加するのとかってめっちゃ好きですwwwww
馬超キャラいぃなぁ♪馬の超ですかwww
しかし劉曄がそこで助けに来る、とは・・
まだまだ奥が深そうだなwww
続き楽しみにしてますぉ~ww
れす
>荀平さん
>TOM9さん
陳宮はもっと活躍してますよw
看破をした劉曄の影で、こっそり水計を打っていますから。
劉曄は流れを消しただけ。
陳宮の『流されちまえ』を入れると劉曄が目立たなくなるので…解説も台詞も入れずにさらりと流しましたw
程爺ちゃんと勘違いさせるためでもありますw

改めて

>荀平さん
爺ちゃんは目立ちたがりですが、悔しがりはしないと思いますヨ。
楽進はまだ死闘の最中です(マテ

>TOM9さん
手塚アニメって…、年がばれますよ、朋友。
でも、手塚作品のスターシステム(同じ性格のキャラを別作品で使う)って、楽なんですよねw
次のヒーローって…あとはショクレンジャーぐらいしか残ってないですが…あれは出ないと思いますヨw

>リョーチョーさん
個人的にも、動かしやすくて美味しくてかっこいい馬超が好きですよw
馬超が軽口叩いて、趙雲がツッコムというスタイルが楽でww
まだ、先は長いですorz
なるほど!!
「看破」なのに?とは思ってたんですが、そういやちゃんと「新しい水流」と書いてますね!
く・・・、言葉のマジックに見事に引っかかってしまった!(><)
陳宮くん、しっかりサポートに徹してますね!(w
れすれす
わざと、反計っぽく、看破してます(汗
陳宮君が目立つと後の流れが…ねw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。