Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

最強勇者美女軍団 -さらば、甄皇后-

えーと、遅くなってますが…
最強勇者美女軍団の続きです。
何日(何ヶ月?)ぶりでしょうか。
具体的には……えーと3ヶ月と10日ぶり?

…さあ、行きます。






 「とりあえず、決めたことはあるわ」
 「ぶもぉ?」
 愛らしく小首を傾げる牛金(♀)。
 -何を決めたってんだ、甄様-
 仕草とあまりに違う言葉に、はにかみながら、笑みをこぼす甄皇后。
 「…あの子を、蜀まで送り届けて」
 「ぶもぉ!?」
 -オレが、ですかぁ!?-
 「そうよ」
 牛金(♀)を正面から見据える。
 「何か、問題ある?」
 「…ぶ、ぶもぅ」
 -いや、問題があるというか、ないというか-
 「何があるの? 何を言われてるの?」
 「ぶもぉ」
 -何にも言われてないです。
  アニキに、甄様のそばを離れるななんて、言われてません-
 深く溜息をつく。
 そんなに心配なら着いて来てくればいいのに…あの馬鹿。
 「あたしなら、大丈夫よ。
  蔡文姫もいるし。
  それよりも、槍も充分に扱えない子のお守りをしながら
  戦うわけにはいかないじゃない?」
 「ぶもぉ」
 -いや、それでも-
 「わかったわね」
 しぶしぶ頷く牛金(♀)。

 その日、前線の砦から、牛金(♀)と裴元紹(偽)は蜀へと向かった。
 これは、その後の物語である。



 最強勇者美女軍団 -さらば、甄皇后-


 で、あたしは、前線の砦にいる。
 「ねえ、孫尚香。どうして、あたしが仕切らなきゃいけないの」
 「君主が決めたことだ。私が知るか」
 そりゃそうだ。
 あたしが嫌だって言っても、他に誰も纏めたがらないよね。
 各国の美女が揃っているのだもの。
 「…よりどりみどり、か」
 「孫尚香、何か言った?」
 「いや、何も言っておらぬぞ」
 慌てて否定する孫尚香。
 その頬は赤い。
 誰よ。
 蔡文姫いるって言ったの。
 ねえ、孫尚香って、そういう趣味だったの?
 ねえ、誰か教えて?
 …って、聞くひともいないのね。
 程爺ちゃんならあることないこと話してくれるし、
 孫堅と呉夫人にいたっては娘だし、答えてくれそうだけど。
 「さあて、どうしようかしら」


 「甄皇后様、私に案があります」
 「…ん、どんな案なの、張春華」
 「はい」
 張春華の案とは、
 柵と弓による戦闘効果を高める方法だ。
 あたしのいつも戦略とはちょっと…いやかなり違う。
 今、この駐屯所に集まっているメンバーだと…
  王異(魏)と張春華、孫尚香(蜀)
  大喬(R)、小喬(SR)、呉国太、厳氏
 という7人。
 「理想としては、呉夫人様がおられたら、よかったのですが」
 「あのひとはね。
  こういう集まりが苦手なのよ」
 うなづく孫尚香。
 「そうですか。では、仕方がありませんね」
 張春華は微笑む。
 「戦闘指示は孫尚香様にお願いしてよろしいでしょうか?」
 「そうね、あたしはここで待機って案だものね」
 「はい」
 「…でも、ほんとにそれでいいの?」
 「はい。万事完璧に済ませます」
 真摯に見つめる張春華。
 甄皇后は微笑む。
 「じゃ、よろしく頼むわ」


 そして、
 あたし不在の戦闘が行われた。 
 呉国太の槍が騎兵を牽制し、
 小橋が舞い、
 大量の弓と毒が敵軍に振った。
 武力差を感じさせない、勝利だった。
 どうやら、あたしの出番はなかったみたい。
 …戻ろうかな。
 「よお、お迎えにあがったぜ」
 あ、楽進。
 いいタイミング。
 ん? このタイミング良過ぎない?
 なんか、違う。
 なんだろ、この違和感。
 「ねえ、楽進?」
 「どうした、甄皇后様?」
 直感で違うと感じた違和感が、確信に変わる。
 もう一言だけ、勘違いと信じたい、あたしが言葉を綴る。
 「あたしを迎えに来るときには、白い馬で迎えに来てって言ったの忘れた?」
 楽進なら…
 あたしの知っているいつもの楽進なら、
 『んな、寝言は寝てから言え、お前様』
 と笑うだろう。
 「…これは失礼しました。いつもの馬の具合が悪いってな」
 ちょっとしまったという表情をした目の前の男が愛想笑いをする。
 う、表情は近い。
 だが…楽進じゃないと確信した。
 でも、どうするのよ、あたし。
 この状況で、どうすればいい?
 ねえ、楽進、あんたならどうする?
 溜息をひとつ。
 腹を決めた。
 逃げる。
 あたしは前触れもなく走り出す。
 「どこ、行くんです? 甄皇后様」
 …う、読まれてる?
 「あんたのいないとこ」
 「…オレも手荒なことはしなくないんだぜ? わかる?」
 「わかるって言うと思う?」
 馬上の男を正眼に見据える。
 「あたしを誰だと思っているの?
  一筋縄ではいかないって、あんたのクライアントに聞いてるんじゃないの?」
 「ああ、聞いてるよ。お前は危険な女だってな」
 睨みあう。
 見詰め合うだったら、良かったのにな。
 雌雄一対の剣を抜く。
 「おいおい、物騒だな?」
 「だったら、行かせなさいよ」
 「そうはいかんだって、オレも仕事だからさ。…悪く思うなよ」
 腰の剣を抜く男。
 覚悟を決めて、突っ込んだあたしの剣は宙を舞い、…気が付くと喉元に男の剣があった。
 「…剣を抜いたお前が悪いんだぜ」
 男の笑い顔を見た。
 あたしの知らない笑い顔だった。


 最強勇者美女軍団 -さらば、甄皇后- 了






…ここまで、書くのが長かった。
謎を残したまま、つづきます。
ひっぱるつもりはないんですけどね。

ながくなったので、寝ます。






追記の追記

ちょこっと修正を加えました。
前のままじゃ前を知らん人には、ぜんぜんわからん展開だったので…
前を知っていても、急展開はしているんですけどw

Theme:三国志大戦
Genre:ゲーム

comments(7)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2006-03-12_23:28|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

続きが気になります~。
甄皇后はどうなる?
楽進に似てるのは誰?
気になるところだらけですよ~><
これだけの文章なら単行本になりますよ。
えらい急展開です(w
なんちゅー、ひっぱり方ですか・・・(w
次が楽しみです!!甄皇后ぉ~大丈夫??(><)
うにゃにゃ
そこで以下次号はやめてくださいよぉ~!
甄ちゃん無事でいて~!
あぁ久々・・・ww
急展開だぁ~wしかも久々なのでもっかぃ前回のを読み直したりwww
あることなぃこと喋る程爺ちゃんがツボでww
甄皇后どなるのか・・・ドキドキ(゜Д゜; )
次号を楽しみにしてますぉ、次は3ヶ月と10日以内に・・ww
れす
>タカさん
秘密ですw
単行本になるような文章ではないですよ。

>荀平さん
…なんつーか、そのねえ、ひっぱるタイミングで話の区切りが…っていつもにひっぱってますね、甄絡みの話って。

>珂耀さん
近年のライダーばりにひっぱってますよw
どこまでひっぱるんでしょう(マテ

>リョーチョーさん
程爺ちゃんは人気者ですからw
解説からICBの落ちまで、色々と活躍してくれていますw
来週には…つづきか、間の話をかけるといいな。
遅遅コメント
また、タイトルが意味深な・・・。
そして、この急展開にくらくら。

ど、どうなっちゃうの甄ちゃん!(w

というところで、続くんですね・・・。
この後がっくんが救出してくれることを祈って・・・。
ってこの後とらわれの身の甄?になっちゃうの?
気になりすぎて、早く書いて欲しい気もするんですが続きを待ちますよ。
れすれす
>真音さん
タイトルは前に(勢いで)予告を書いていたので…そのままですよ。
ここまで、急展開になる予定ではなかったのですがね。
続きます、なるべく早く書く予定ですヨ。

…ということで、見ていない人が少ない時に予告。


■次回予告■

加速していく運命に翻弄される甄
時間は彼女達をあざ笑うかのごとく流れていく
「…あなたに恨みはないわ。うちの亭主の出世にはあなたが邪魔なのよ」
「郭はあなたが考えているほど、御し易い相手じゃないわよ」
これは、歴史の必然なのか?

次回、悲哀天啓の道-了

…奇跡はいらない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。