Hit the beat! Keep your beat!!

…心に響いた鼓動 信じて  誰でもない自分の生き方で…

プロフィール

龍之介

  • Author:龍之介
  • 三国志大戦ブログですw

    ときどき、
    普通の日記
    ところにより、
    特撮
    自分の鼓動を信じて
    やってます。

    象、無限回収していますw
    ■現在 合計 1,211匹■
     C金環三結 293
     C帯来洞主 257
     C孟優   296
     UC朶思大王 90
     UC忙牙長  109
     UC木鹿大王 99
     R兀突骨  15
     R祝融   37
     SR孟獲   12
     LEB孟獲   03
    ただただ、皆様に感謝です。
    すべての象武将自引き完了w
    チームの皆様、
    ブロガーの皆様、
    ホームの皆様、
    皆様の協力で1,000枚
    突破しました。
    ありがとうございます
    m(_ _)m
    ちなみに
    ぞうはは、139人w
    えん象は、3人w
    排出停止になっても、
    使用停止になっても、
    回収してますw

    以前はセンちゃんに負。
    一昨年はスモーキーに負。
    去年はかがみんに負け気味w
    今年は…ツンデレに負w
    ツンデレ=馬鹿桃ですがw
    ホントのところ、
    ウラに釣られてますwww

    当ブログでは、ハナさんこと、
    白鳥百合子さんを応援して
    おります。

    君主名『龍之介』
      1は5品で終了。
      2は覇者(徳7)。
      今は、4品です。
      (H20.1.19現在)
     リアル良将なのですが
     勇将と当たる毎日で
     ございます(滝汗

    現在メインデッキは、
    呉群苦楽。
    名付けるなら…
    …突撃兵苦楽かな?
     R鄒、UC李儒
     UCリカクシ、C張繍
     C程遠志
     UC魯粛、UC張紘
    最高5連勝。
    でも、KJAだけは簡便なw

    2メインは決死悲哀。
     SR甄皇后、UC沈瑩
     UC程、C文聘
     C虞翻、UC韓当
     C曹昂
    10連勝+12連勝という
    アリエナイ戦績を残して
    いたりします。

    元々のメインは悲哀天啓。
     SR甄皇后、UC程、
     C曹昂
     R孫堅、C虞翻、
     UC韓当、C潘璋

    ベンチ
     R楽進、C李典
     C蔡瑁、Cカイ越
     SR張春華
     SR呉夫人、Cカン沢
     SR周姫、C陸績
    訳あって、R楽進まで
    ベンチ入り。
    すまん。

    阿蒙推進委員会宣伝部長(自称)
    としての活動もしてますw

    阿蒙推進チームのチームリーダー
    もしておりますw
    チームメンバーも募集中ですw
    参加条件は…チームメンバーの
    知り合い、オフで逢ったひとと
    させていただいておりますw

    三国志大戦オフラインは
    …作ってますとは言えない状況。
    むむむ。



















    装備なしの時はご自由にw



Twitter

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ブログ内検索

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

葵市物語(仮称)

1993年(昭和68年)当時の内閣総理大臣であった徳川慶宏は、
特別独立行政都市を設立する法案を議員立法として提出。
これから起こりうる少子高齢化に向け、移民受入のテストベース、
新たな雇用、産業の確立などの名目は上げられたが、
党内外、元葵市住民に猛反発を受ける。
また、徳川総理、所縁の地を葵市と選ぶなど、徳川総理自身への疑惑も
報道を賑わせた。
数々の報道、猛反発を受けながらも、強引な手腕で法案は成立。
司法立法行政を、日本の枠組みから独立させた新たな都市を誕生させた。
独立都市国家、葵市が誕生した。
この物語は、葵市に生きる若者達の群像劇である。


 -予告-


 歩く二人の男。年の頃は大学生ぐらいか?
 「就職は決まったのか?」
 垂れ目の男が話す。
 「あれ、言わなかったか? 警官になるって」
 答える長髪の男。
 「冗談じゃなかったのか? 
  お前なら、何処にだって受かるだろ?
  一流企業でも、公務員でも。
  親父の会社でも、孟司なら是非と言うさ。
  それが、よりにもよって警官か?」
 「ああ。正義を貫く為に、な」
 苦笑する垂れ目。
 「正義を貫くって男か、お前が?
  悪いことは言わん、三日と持たんぞ?」
 「もう決めたことだ」
 笑う長髪の男。
 悪く思わないでくれ、一。
 君と僕は考えも歩く道も違う。
 常に光刺す道を歩いてきた君と共に歩くことはない。
 君を利用することがあったとしても、ね。


 靴屋。葵市となる前からある店だと言う。
 屋号は、松平履物店。
 「へぇ、面白い話があるもんだねぇ」
 折れたヒールの踵を直しながら相槌を打つ店主。
 「でしょ? 火事の跡に幽霊が出るなんて、あまりに安っぽくない?」
 「安っぽいが…気になる話だねぇ」
 鼻を擦る店主。
 靴墨が付く。
 「最近、きな臭い事件が多いからねぇ。
  若いお嬢さんは夜道を出歩かないほうがいい」
 「やだ、おだてても何も出ないわよ」
 「おだててはないさ。ただおじさんとしては気になるのよ」
 「おじさんっ言う年だっけ?」
 「うーんー、中学出て親父に教わって、亡くなって、かれこれ10年か。
  ハタチ越えればおじさんよ」
 笑う娘。
 ため息をつく店主。
 「葵市になる前は静かな街だったんだがねぇ」
 「じゃあ、おじさんが市長になればいいじゃない?」
 「俺が?」
 「由緒正しい松平性なんでしょ、ここの履物店」
 「おうよ。
  俺の先祖は、あの暴れん坊将軍様さ」
 「殿様の玄孫って子どもに市長やらすよりも、まともなこと出来るんじゃない?」


 もう一人。
 教室。
 立って原稿用紙を読む小学生。
 部屋の後ろには立つ父兄の姿。
 授業参観だろうか?
 「ぼくのゆめ。
  ぼくのゆめは、おとうさんがせっけいしたくるまをつくるめかにっくになることです。
  そのくるまを、おにいちゃんがうんてんして、えふわんでゆうしょうしてもらうことです。
  おとうさんがせっけいしたくるまは、すうみりのごさもゆるさないせいどで
  ぱーつをけずりだして、つくるくるまなんだそうです。
  ぼくはそんなくるまをいっしょにつくりたいです」
 座る。
 横にいた女の子が肘をつつく。
 「けんちゃん、なまえいわないと」
 慌てて立ち上がる小学生。
 「1ねん2くみ。むらばやしけんじろう」








 一人目、相田孟司。
 二人目、松平履物店 店主、名前はまだないw
 三人目、村林謙二郎。

 まーなんとなく何処の誰かとわかるように書いてみたw
 ちなみに三か所とも、同じ時間ではありません。
 葵市と名付ける前から、殿様を先祖に持ってようが持ってまいがそこそこに聞く名字ということで
 二人目の名字は松平に決めていたりするw
 子ども市長は、徳川性なんだろうけどねぇ…

 最初のはったりは、一度書いておくとやりやすいのね。
 続きは、未定(お

 ちなみに、
  ・サクラサク  
  ・学園モノ(仮 
 …も、同じ都市です。

 こういうネタはどうですか?>朋友

続きを読む

スポンサーサイト

Theme:三国志大戦3
Genre:ゲーム

comments(2)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2009-10-10_00:54|page top

サクラサク

2月4日。
あたし、橋本ももこは運命の出会いを目撃した。

ごくありふれた学校の帰り道。
エコバスケットを片手に歩くエプロン姿の姉、さくらを見かけた。
これもよく見る光景。
大きなひまわりの絵と
すみれ、という文字が書かれたエプロンを着けているのもよくある光景。

よくある光景だから、あたしはさくらを追いかけた。
お気に入りのエプロンだというのは構わない。
お店のユニフォームだというのも構わない。
だけどっ、
外で着ない欲しい。
…センスのずれたところがなきゃ100点満点のお姉ちゃんなのにな。

なんか怒れた。
あたし叫んでた。
「さくちゃん!!」
と大声で。

ゆっくり振り向く姉と
驚いて手にした缶コーヒーを姉にかける男がそこにいた。

こうして
あたしの姉、さくらと
缶コーヒーのひと、朔太郎の
ラブストーリーが始まった。
あたしは恋のキューピッドとして見守りたいと思う。
…やじ馬じゃないよ?

つづく

か、どうかは反響次第(お

勢いで、
ケータイ小説風なモノを書いて見た(^_^;)

クリスマスっぽくないがな(´・ω・`)
comments(1)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2008-12-25_18:28|page top

てすと

勢いだけで書いてみた。
内容は、つづきに。



タイトル「学園モノ(仮)」。

続きを読む

Theme:三国志大戦3
Genre:ゲーム

comments(4)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2008-05-20_21:59|page top

悲哀天啓の道-外伝- 聖なる夜に響く鐘の音

 いつからだろう
 夢を語らなくなったのは
 あまりにも色々なことがあったから?
 今が夢の中にいるから?
 それとも?


悲哀天啓の道-外伝- 聖なる夜に響く鐘の音


▼1

 夢を語るには、イマはあまりにも世知辛い。
 いつ命を落とすかわからないこの状況で、何を糧にすればいいのか。
 姉さんは、恋をしろと言う。
 私が、えっ、と言ったら、真顔で怒られた。
 私には姉さんの本気が時々わからなくなる。
 ヨーコに聞いても、同じように怒られた。
 いつ命をおとすかわからないこの状況で、何を愛せと?
 …誰を愛せと?
 私には無理だよ…


▼2

 雪が振る。
 静かにしんしんと雪が降り続けている。
 私は初めて、雪を見た。
 雪と言うものに触れた。
 すべての景色が白く染まる。
 過去も、
 いや、
 未来も全て白く塗り替えていく。
 ふりかえり父母の姿を見た。
 父は寒さに震える母を後ろから、そっと抱きしめていた。
 私は我知らず笑みをこぼす。
 母と目があう。
 母は照れて、ばたばたと手を振った。
 ばたばたと振る手を押さえ、父は強く母を抱きしめていた。
 

▼3

 「夢か、夢ねぇ」
 「…難しい質問だったよね」
 「いや、難しい質問じゃねぇ」
 青いバンダナを締めた男は、そう言って難しい表情をする。
 男の名は、沈瑩。
 「言ってもいいが、笑うなよ」
 うなづく少女-周姫。
 「オレの夢は、みんなが平和に暮らせる世の中を作ることだ」
 きょとんとする周姫。
 視線を落とし肩を震わす。
 「な、突拍子も無い夢だろ?
  張悌にも笑われた。
  けどよ、やっぱり、みんなが笑ってる世の中って、見てみたくないか?」
 「…うん…見たいよ」
 涙声。
 手の甲で涙を拭うと、笑顔で沈瑩を見つめた。


▼4

 「何か、いいことでもありましたか?」
 「あっちゃいけないかよ!」
 一人黙々と剣を振るう沈瑩。
 沈瑩の隣で、兵術書を読みながら、淡々と質問をする張悌。
 「いけない、と言うとでも思いましたか」
 「お、思わねぇけど、よ!」
 「もしや…」
 考え込む仕草をする。
 「恋、ですかね?」
 「んなことじゃねぇ!」
 「え、違ったんですか?」
 笑う。
 「ま、そういうことにしておきましょう」


▼5

 薪が燃えている。
 うっそうとした森の中。
 ここならば、炎を灯しても、誰に見つかることもない。
 灰色のコートを着た女性が、静かに沈瑩を見守る。


▼6

 「はい、それが私の出来る限界です」
 黄月英は申し訳なさそうに頭をたれる。
 「未来への接点が、来た時間としか繋がらないんですよ。
  あと、もう一度こちらへ来るエネルギーもないと思います」
 「…未来への片道切符、ですか」
 張悌が言葉を続ける。
 「戻りたい人間は戻る。
  残りたい人間は残る、それで皆に伝えます。
  それで、よろしいですね?」
 うなづく黄月英。

 私は戻りますよ、沈瑩。
 貴方をあのままにはしておけませんから。


▼7

 南蛮ビーチ。
 アロハシャツの似合わない男が海を眺めている。
 砂浜に立てられた三本の槍が物々しい。
 エプロンを着けた美少年が手を拭いながら、その横に歩み寄った。
 「答えは出ましたか?」
 「…俺は戻らん」
 「そう言うと思ってましたよ」
 笑う美少年-羊コ。
 「まだ驚異が去ったとは思えないですか?」
 「…ああ」
 「では、私も残りましょう」
 「…好きにしろ」
 「ええ、そうしますよ」

 「ヨーコも大変ね」
 「なんで?」
 海の家から二人を眺める祝融と子ども-兀突骨。
 笑う祝融。
 「大人になったら、わかるわよ」


▼8

 「今日までお世話になりました」
 ぺこりと頭を下げる小虎。
 禿げ上がった頭をかく朱桓。
 「いいのか?」
 「はい。
  どんなに荒れた土地でも、未来が私の家ですから。
  …でも」
 言葉に詰まる。
 「子範様には…合わせる顔がありません」
 綺麗に汚れの落ちた虎のぬいぐるみに顔を埋める。
 不意に抱き締められる小虎。
 驚いて顔をあげる。
 そこには朱拠の顔があった。
 「どんな未来だって、構わないよ。
  小虎がそこにいるなら。
  多分、未来の俺も同じことを言ったんじゃないかな?」
 泣きじゃくる小虎。
 何かを言葉にしているが、言葉にならない。
 「すまん、兄上」
 朱桓は寂しそうに笑う。
 「なぁに、いいってことだ。
  お前が残るっていったら、兄弟の縁を切るつもりだったぜ」
 力強く小虎を抱き締める朱拠。
 その決意は固い。


▼9

 「陸抗殿、貴方はどうしますか?」
 「私は、この地に残ろうと思っています。
  意外だと思うでしょうね」
 大河を眺める陸抗と張悌。
 「もう少しこの下で、父上の補佐をしていたいのです」
 「補佐は、いらないのでは?」
 「まだまだ父上は若く見聞も兵法も足りません。
  私が傍にいないと心配で」
 「私に隠さなくてもいいですよ。
  まだすべて終わっていない、そう考えているんですよね」
 「そう言ったら、安心して未来に旅立ちますか?」
 「いえ。
  でも、例え私一人でも、未来に戻ります」
 未来には、未来を待っている友がいますから。


▼10

 「お父様、お母様、
  今日までありがとうございました」
 誰もいない玄関で、小さく言葉にする。
 そして、頭を下げた。
 いきなり、こんな大きな娘が現れて、驚いただろうのに、
 何事もないように受け入れてくれて、
 感謝の言葉は言い尽くせません。
 もう逢うことはないけれど、忘れません。
 「…聞こえてるぞ、姫」
 もっと小さい声で泣かないとな。
 泣き虫め。
 ちぃも起きてくるぞ。
 私は何も気付かなかった。
 そう思わせてくれ。
 気付いていたなら、ちぃになんて言い訳をすればいい?
 覚悟を決めて旅立つ娘に残れと言えないだろ?
 「…お、おとうさ」
 「未来に行っても忘れるな。
  お前は私達の誇れる娘だ。
  元気でいることを願っているよ、姫」
 寝室の奥で、幼い母の、泣き声が聞こえた。
 すべて、父母は気付いていて、
 それでいて、静かに送り出そうとしてくれていたのだ。
 私は涙を拭いて、笑顔を作った。
 どうしようもなくぐちゃぐちゃの笑顔だったと思う。
 「行ってきます」


▼11

 地上から天に向かって、星が飛ぶ。
 大きな緑色の光が天から降り注ぐ。
 そして、赤く点滅しながら、消えていく。
 そう
 それは、まるで

 牛の角がついた兜を被った大男は、その光を寒空の下で見ていた。
 手には大きな花束。
 それは大男が自分の意思で選んだ最初のプレゼントだった。
 おでん屋が店を閉めるのを静かに待っていたそんな時のこと、だった。
 「あ、綺麗な光」
 「お、おう、めくりーくりすます」
 豊かな胸をした娘に花束を渡す牛金。
 「牛金さん、メリークリスマスよ」
 娘はにっこりと微笑んだ。

 長髪の男は部屋で書き物をしていた。
 今回の出来事を、悲しい顛末を忘れないように著していた。
 部屋に光が差し込む。
 「…これは? 事件?」
 呟き、笑う。
 「ふう、そんなこともないか」
 窓に近付き、外を見る。
 外には光に見とれる蔡文姫の姿があった。
 額に指をあてる。
 これは事件だ。

 ねえ、あれ何だと思う?
 俺にわかると思うか?
 そう思うけど、他に言い方ってあるんじゃない?
 そうだな
 また、そうだなって、いつもこまるとそう言うんだから
 あれは、クリスマスツリーだな、きっと
 似合わないわね
 …ほっとけ
 ほっとかないわよ、クリスマスなら続きがあるんじゃない?
 そうだな
 メリークリスマス

 江東亭でも、光は見えていました。
 多分、全土で見えていたんじゃないかな?
 レポートするまでもありません。
 きっと、これも、
 いたずら好きのお爺ちゃんの仕業に決まっていますから。

 「綺麗だな、大」
 「うん」
 「でも、光に照らされる大も綺麗だ」
 「…おかしな策ちゃん」
 照れる大喬。
 言った孫策も照れて、大喬の顔を見れない。
 鼻の頭を掻いている。
 「でも、そんな策ちゃんもたまにはいいかな?」

 「行っちゃったね」
 「ああ、そうだな」
 「私達の娘だったよね?」
 「ちぃそっくりだったよな」
 「綺麗な銀髪は、瑜ちゃんそっくりだったよ」
 ぎゅっと、小喬を抱き締める周瑜。
 「ああ、二人の娘だから、そっくりに決まってるさ」
 「きっと逢えるよね?」
 「逢えるさ」
 顔を埋めてなく小喬。
 周瑜は優しくその頭をずっと撫でていた。


 光溢れる夜は静かに静かに過ぎていった。
 誰かが鐘の音を聞いたと言ったが、それも仙人の悪戯で片付けられ、
 誰も詮索しなかった。
 そんなちょっと華やいだ聖なる夜。
 すべての恋人達に優しい祝福を
 メリークリスマス。


―了―

続きを読む

Theme:三国志大戦3
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2007-12-24_20:20|page top

悲哀天啓の道-了 終幕

本題に行く前にー
昨日、仮UPしたリストの話をば。


■三国志大戦3 暫定排出リスト (2007.12.12改定)

 注:稼動前の情報の私版まとめです。
   雑誌に乗っていることと、
   画像ソースがないものは、敢えてリストに載せてません。
   (違ったら切ないから)
   LEも排出されなさそうな気がしますが…雑誌には排出停止となってなかったので
   書いてあります。
   詳しくはリンク先のコメントを読んでくださいなー


以上。




…本編は続きに。

  舞台の幕をおろします。

続きを読む

comments(0)|trackback(0)|三国志大戦 物書|2007-12-12_23:59|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。